FC2ブログ
   
04
1
2
3
4
5
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南極と風のパタゴニア地方21日間旅行20日目-21日目

20日目3/4
朝3;30分モーニングコール4;30分ロビー集合 朝食はお弁当(ランチボックス)一人の男性が寝坊 起こして出発までの早かったこと・・男の人は準備が出来てれば 女性と違って簡単!飛行場はすぐそばなので送迎バスでほかのお客と一緒で
アッと言う間 アメリカン航空でマイアミを5;50分出発 2;20分のフライトでダラスのフォートワース空港へ(此処で時差ー1時間)8;10分(7;10分)着 荷物は検査へ直行
又モノレールに乗って行きと逆のコース 出発までもう皆 購買意欲もなく待合室でブラブラコーヒー飲んだり・・・アメリカン航空8;50発でやっと日本へ座席は私の通路を挟んで真ん中の席は4席あいていたので向こうはじの外人さんと話して2席ずつ確保 私の席を相棒が2席とり窮屈でも少し横になり楽をして帰ってきました
21日目3/5
14時間フライトの予定でしたが早くついて。。此処のところはわたしもはっきり覚えていず15時頃だったと思います
なにしろ成田ー福岡の日本航空が19時発 しっかり時間があったので
私のJALカードでさくらラウンジでシャワーやマッサージ機でしばらく眠ったりしてお茶を飲んだりして過ごしました やっと福岡に着いたときはあ?あ又忙しい毎日が始まるのかと現実にもどり 楽しかった日々は忘れないように記録しておこうと書きました
とても遠い寒い体力の要るハードな旅でした

スポンサーサイト

南極と風のパタゴニア地方21日間旅行19日目

19日目
午前中は明日日本へ帰る荷物の整理そしてゆっくりして 私は熱もすっかりよく治って・・・私たち3人組はホテル地下のお店でお買い物の
物色 黒のハンドバッツクを仕入れました。
午後からは市内観光
ハリウッドの俳優さん達や世界中のお金持ちの人達の別荘や現地の金持ちの人達の家、それと区別があり 少し小金持ちの人達の住宅 普通の人達の住む区域などあれやこれやバスの中から観て回りヨットハーバーへ行きその素晴らしさを指をくわえてみてきました。あまり過密な船の数なので日本の都会の駐車場のように5,6階建ての船艇庫になっていてクレーンのような重機で上げ下げして海の中におろしてました。
その後 危険地区と言われているリトルハバナへ案内してもらい何人かの人がキューバ産の葉巻屋で買い物をしてました。私は本当にほんものかな?ある雑誌でキューバの物はキューバでしか・・・と言うのを読んでいましたので そのお店のディスプレイです。
その後 一般市民のショッピングセンターへ行き何もかわずにブラブラと冷やかしで終わりました。
夜は夕食を早めに採り日本へ帰るため夜中の3時半モーニングコールなので早めにお休みなさい!
blog73.jpg

blog74.jpg

blog75.jpg

blog79.jpg

blog76.jpg

blog77.jpg

blog78.jpg

南極と風のパタゴニア地方21日間旅行18日目

18日目3/2
本当はこの日にロスアンジェルス経由で成田へだったのですが
7時過ぎマイアミ着入国審査を受けて空港近くのホテルへ
次の日も帰国の便がなく2日間マイアミ泊まりです
この日は私は高い熱が出てあまり記憶がありません 薬を飲んでひたすらベットイン
皆さんは現地ガイドの菊池さんと夜の町へお買い物blog72.jpg

南極と風のパタゴニア地方21日間旅行17日目

17日目3/1
午前中は自由行動 またお店へ収集してる小さな壁掛けの絵皿(行く先々で仕入れて何枚にもなって割れないようにするのがコツがいります)を買い あとは友人のいつもの買いっぷりのよさにお付き合い

本当はこの日に帰国の途につくはずでしたが 日本出発前アルゼンチン航空から突然のこの日の飛行キャンセルがいいわたされ1日延びましてホテルと半日観光がつきましたー私達暇人は何日でもどうぞ!と喜びました。
昼食後(バスにてティグレ観光(観光列車乗車 リバークルーズ)
夕食 早めに綺麗な雰囲気のあるアルゼンチンらしいところで

23;15発アルゼンチン航空にてアメリカ マイアミへ (時差ー2時間 飛行時間8時間45分)
この便の出発が大幅に遅れ 荷物検査もアメリカ以上でした。
お陰でマイアミの乗継が遅れて乗れなくなりアルゼンチン航空とスッツタモンダしてマイアミのホテルを又ただで取ってくれましたblog69.jpg

blog71.jpg

blog70.jpg

南極と風のパタゴニア地方21日間旅行16日目

16日目2/28
午前中自由行動  小さな町で特産品のささやかなインカローザの指輪やペンダントトップ ピアスなど家族に購入 息子達に勿論ワインも・アメリカ経由なのでトランクに入れなければ没収ですのでチリで買ったのもありますので大変です。以前南米旅行の時はトランクとリュックに持って帰ってこれました
昼食後 カラファテ空港へ16;10発アルゼンチン航空・・・これがまた大幅に遅れて17時30分でした
20;30ブエノスアイレス着  ホテルは最初の日と同じところ
希望の人達はアルゼンチンタンゴ観賞へ  私は何度も観てますので早めにオヤスミナサイ!zzz・・・blog68.jpg

南極と風のパタゴニア地方21日間旅行15日目

15日目2/27
氷河国立公園観光(カラファテより2時間強)ペリトモレノ山とペリトモレノ氷河(此処で氷河近く・・と言っても400m離れてますが遊覧船で見物)
昼食後 氷河展望台で氷河崩落があるかチャンスを待つ ゆっくり存分に待つこと1時間に大砲の様な音が2度2回見るチャンスに恵まれました すごい!展望台だけでは物足りず下の行き止まりまで降りてみてきました 途中氷河の上に黒いものが幾つも動いているので何かと思ったら クレバスなどあってとても危険な氷河ツアーの一行だそうです。
ペリトモレノ氷河 高さ 60?80m 
         面積 250平方km
         長さ40km
ホテルは同じ
blog62.jpg

blog64.jpg

blog65.jpg

blog66.jpg

blog67.jpg

南極と風のパタゴニア地方21日間旅行14日目

14日目2/26
朝早くにてアルゼンチン国境へ向かいますWCが無いので(国境)セロ カスチージョの町売店で皆走りこみました何にも無い売店でした 
blog55.jpg

ここでカラフルなバス、ガイドさんともお別れ 

チリ国境 一人ずつ小さな建物で出国審査(おかしかったのは審査する男性が私の怪我の腫上がった顔とパスポートの顔があまりにも違うので何度も何度も驚いた顔をして見比べて思わずスペイン語でコリャ大変だ事故か?と聞きましたので倒れた仕草をしたら 可愛そうに早く行けと・・・)

blog56.jpg

此処からはアルゼンチンのバスに乗り換え スーツケースなど移動させ大変
アルゼンチン側国境 パスポートはまとめて入国審査

昼食は農場の中の民宿レストラン ここの牛肉が炭火を入れた陶器の入れ物の上に網があって ぶつ切りで食欲減退な感じですがとてもパリッとして美味でした。アルゼンチーナのお好みのお茶マテ茶も出してくれました・・が皆さんはあまりお口に合わないようで少しでしたが 私は長年ブラジル在住してましたので よく飲んでましたので美味しくてお代わり スーパーで仕入れて持って帰ってきて現在飲んでます。  
肉食の南米人には野菜代わりの大事な飲み物です。 外は相変わらず強風

blog57.jpg

blog58.jpg

その後カラファテ市内観光(郊外といったほうがよい)
ホテルはスイスの山小屋風ホテルポサーダ ロス アラモス

南極と風のパタゴニア地方21日間旅行13日目

13日目2月25日
終日パイネ国立公園観光
グレイ湖畔ウオーキング(午前中2時間半)ここから風のパタゴニアを感じはじめる すすめども進めどもわずかずつ 30メートルくらいの風 常にパイネグランデ山がみえてましたblog49.jpg blog50.jpg
グレイ湖畔先の丘へのぼったらこのような綺麗な氷が沢山浮いてました
風と雨でとても辛い登りでしたが喜びでした
blog51.jpg

クエルノス山(角の山の意)・・・コンドルが何匹も飛んでました
楽しくて“コンドルは飛んでく”の歌を口ずさんでいました
グワナコと言うラクダ科の動物 現在はパタゴニアにしか生息していないそうです
blog52.jpg
パイネグランデ滝 後ろに3つの塔の山(トレースデルパイネ)
blog53.jpg
サルトグランデ大滝 とても風が強くて歩くのが困難でしたblog54.jpg
此処で私は風に足を掬われて見るも無惨に前のめりに岩の上に倒れて顔を大怪我して メガネもグチャグチャ プラスチックレンズだったので目のほうは助かりました。どこにも治療するところが無く氷で冷やす意外方法がありませんでした。たまたま整形外科のお年寄りの先生がご一緒でしたのでアドバイスだけはしてくださいました。写真を載せたいのですがあまりにも笑いを誘いそうでやめます。現在も治療中です!!
blog60.jpg

これが私の傷だらけの絵です

南極と風のパタゴニア地方21日間旅行12日目

12日目2/24
朝6時過ぎチリのプンタ アレナスに到 船での最後の朝食を食べて
9時より順番に下船
にて市内観光・・・・・クルスの丘(ディスカバリー号とマゼラン海峡が一望blog42.jpg

ムニシパル墓地(お金持ちの墓 お城みたいなのがたくさんあり 日本のマンション住まいの人々にはうらやましい限りと思います。

blog45.jpg

パタゴニア博物館ー羊毛の栄えたまちで 関係したものが沢山ありました 古い品が沢山

blog44.jpg

blog43.jpg

blog46.jpg

blog47.jpg

カラフルな我々のバス
アルマス広場(マゼランの像が建っている

昼食後近くのスーパーでチリ産のワインをお土産に購入とても安くて美味しい
バスでひたすらパイネ国立公園まで400km走りました
湖のそばのコテージ風ホテルでした

blog61.jpg

今までに書かなかった余談と写真

私達の今回の旅の仲間は17人と非常に優秀な私の娘と同じ年の美人添乗員さん 計18名( 北海道1 千葉3 東京5 神奈川1 愛知2
大阪1 神戸1 岡山1 福岡1 長崎1)
皆さん世界中旅して船旅も沢山経験したかたばかり 私など足元にも及ばない感じでしたblog35.jpg

blog36.jpg

blog37.jpg

blog38.jpg

サンデッキの軽食堂 昼間はここで皆とお茶しながらペチャクチャおしゃべり そして寒いけれどデッキにあるジャグジーに入ったりデッキを散歩して景色をみたり・・・

blog39.jpg

外国の方達もお年を召した方ばかりでした
blog41.jpg

この写真は南極の氷でオンザロックとミネラルウオーターにしてみました 氷が普通のと違って 入れた途端ビーズみたいに綺麗な形の集合体になりましたお 酒の味は分かりませんが水は変わらないようにかんじました。

20070411135016.jpg

20070411135118.jpg

20070411135206.jpg
ウシュアイアのレストランの道に咲いてた可愛い花

船では日本人をサポートしてお勉強(レクチャー)の通訳や困ったことを処理してくれる 瑠璃子保阪リンドブラッドさんと4年目の見習い稲田氏(なかなかハンサムの部類でソフトな人当たり)が我々をお世話してくれました ありがとう!

南極と風のパタゴニア地方21日間旅行11日目

11日目2/23(金)

夜中ビーグル水道に入る 今度はチリのプエルトウイリアムス港に着岸チリの係員が乗り込み入国の審査  私達はZZZ・・・

ビーグル水道沿いノフィヨルドと氷河がみえてきました

blog31.jpg

blog30.jpg

フィヨルドの突き当りまで行って氷河があり通れなくて方向転換 又びーグル水道へ

夜はメインダイニングでは海賊ディナーボロボロの服を着たウエイターたちがサービスを
でも私達はそれを知らずに数日前からアジア祭りのサブダイニングに予約してました 何だかえたいの知れないアジア料理であまり美味しくな
く最上階にある一日中あいてる軽食堂・・・と言っても豊富なメニューがバイキング形式であります(後ほど余談でおみせします
  そこへ移りました
明日はいよいよ下船です
blog32.jpg


blog33.jpg

blog34.jpg


南極と風のパタゴニア地方21日間旅行 10日目

10日目2/22
終日航海 また魔のドレーク海峡を航行 帰りはもっと揺れました
歩こうにも物にぶつかり 机の上の物は総て引き出しやロッカーにしまうよう注意有り 後で見るとあちこち青あざだらけ!トイレもおちおちしてられませんでしたキャ?!!
私も少し酔い気味 これは大変!おばさんの考えることは突飛です
同じ揺れるなら スポーツジムで運動をしていたほうが酔いがすくないかな?と でも歩く機械とか自転車とこぎとか しっつかり捕まえてなければ揺れて落ちそうでした その後気分爽快!揺れにも慣れました
この日夕食をキャンセルされる方が続出何だか盛り上がらない通夜みたいな食事でした

南極と風のパタゴニア地方21日間旅行9日目

blog27.jpg

ボートの上から撮ったハーフムーン島

blog28.jpg

お天気最高 上着(パルカ と呼びます)いらないくらい

blog29.jpg

私達3人の南極の氷の上に影が・・・

9日目3/21
朝9時頃ハーフムーン島上陸 ボートに分乗 桟橋も無いので直接海水に入り上陸。これもまた長靴の必要な訳
あごひげペンギン おっとせいなど・・・1時間の滞在
ここは臭かったけど そうでないところもあり久しぶりのんびりとできました。

南極と風のパタゴニア地方21日間旅行8日目

8日目2/20
blog20.jpg

パラダイス湾より南極大陸上陸写真はかえりのボートに乗るところ




blog21.jpg

綺麗な氷の塊を見てるところ

blog22.jpg

なんともいえない氷の色合い
blog23.jpg

ゼンツーペンギンの子供 親達はエサ取りに出かけて子供達ばかりでした 氷が解けてたまったフンと新しいフンで臭くてたまりません
blog24.jpg

本船に戻る前に長靴の靴底のペンギンのフンをブラシでこすって洗ってもらいます 洗っても洗ってもなかなか取れません。ゴム長靴を持参する条件が分かりました
blog25.jpg

昼すぎからルメール海峡を通貨予定しかし氷が厚くて航海不可と判断
代わりにノイマイヤー海峡を通過なんだか海賊でも出そうなけしきでした
blog26.jpg

20070413001515.jpg
パラダイス湾から上陸した南極半島のチリのガブリエル ゴンザレス基地でパスポートに押してもらった記念スタンプ

南極と風のパタゴニア地方21日間旅行7日目

blog15.jpg


blog16.jpg


blog17.jpg


7日目2/19 
あまりにもお天気が良いので船長さんがサービスでホープベイを通過して氷河が多く浮いてるウエッデル海へ。 船より見学でアルゼンチンの基地がありました。


blog18.jpg

ポープベイのアルゼンチン基地 夏だから氷なし

船内では毎日色んな歴史とか動物や自然についてレクチャーがあってます 私はお勉強が好きでない劣等生なので たま?に出てスヤスヤと・夜はキャプテンのウエルカムレセプション フォーマルナイトです



blog19.jpg

残念ながらパーティの時はカメラを忘れてその後の催し物しか写せませんでした こんなところに旅に来るのは年寄りばかりです

南極と風のパタゴニア地方21日間旅行6日目

6日目2/18
朝8時火山性カルデラ デセプション島の横を通過
昼からグリニッジ島に上陸予定が波のため出来なくてゾディアックボート(エンジンつきゴムボート)10人乗りでクルージング
ゼンツーーペンギン アジサシ カモメなど見ました

南極と風のパタゴニア地方21日間旅行5日目

5日目2/17
終日航海
“魔のドレーク海峡”と船員からも怖れられる場所を夜中から半日通過    揺れる ゆれる!!多くの人々が酔ってダウン
我が相棒も1日中ベットの中 それでもひどい揺れではないそうです
私と相棒の友人は少し気持ち悪かったが朝昼食事が食べられるくらいで比較的平気でした おばさんは強い!

南極と風のパタゴニア地方21日間旅行4日目

blog10.jpg

フエゴ国立公園“世界の果て駅”

blog11.jpg

可愛い機関車


20070407185011.jpg

パスポートに押してくれたタスンプとシール


blog12.jpg

パンアメリカンハイウエイの終点の看板

4日目2/16
バスでフエゴ国立公園世界の果て駅へーーマカレナ駅(古代原住民ヤマナ族の民家みたり滝や湿原を見たり)--国立公園駅に戻り
にてエンセネダ湾で世界の果て郵便局出張所で!嬉しい嬉しい!写真にあるスタンプを押してもらいました
にてパンアメリカンハイウエイ(アラスカ?アルゼンチンの此処まで17,848km)の終点の看板がある所まで記念撮影
これは以前TVで俳優の大鶴義丹がタクシーでこの道を時間と金銭とどれくらいかかるかと言うのが放映されてたのを見てましたし
ペルーのナスカの地上絵を見る飛行機で横をまっすぐに伸びた道がそれだと聞いてましたので感激でした
t昼食後ウシュアイアの街に戻り少し散策
いよいよディスカバリー号乗船
乗船手続き(パスポートを最終下船まで渡してクルーズカードを受け取る・・・手持ちのクレジットカードを登録してクルーズカードで総て精算される様に手続きする・・・因みに全乗務員へのチップはカードより前払いで1日9ドルx乗船日で落とされます
避難訓練(救命胴衣が配られ説明)
いよいよ夕食メインダイニングにて
20:00ウシュアイア港 出航  これより8泊9日の南極船旅です

blog13.jpg

ディスカバリー号(20、186トン)

南極と風のパタゴニア地方21日間旅行3日目

20070407162816.jpg

ウシュアイアの港

blog9.jpg

メインストリート

3日目2/15
午前中は少しゆっくりして遅めのブランチを食べて国内線空港へ
13:30 アルゼンチン航空でアルゼンチン最南端の町ウシュアイアへ
16:50 到着後バスにてウシュアイアの市内観光・・世界の果て博物館(何も無かった)ここのメインはパスポートに記念スタンプをおしてくれることでした
夕刻高台に立つラスハヤスリゾートホテルへ  蟹が有名で蟹の食事でした まあまあの蟹でした。

20070407174411.jpg
   記念スタンプ

南極と風のパタゴニア地方21日間旅行 2日目

アルゼンチンの旗.jpg
アルゼンチンの国旗写真クリック拡大

アルゼンチンの中心部の街並み.jpg border=
アルゼンチンの中心部の街並み写真クリック拡大

2日目< 2/14)
7:00 ブエノスアイレスエセイサ国際空港着 驚き 税関はノーチェック!!  
バスにて市内観光 
レコータ墓地ー(エビータのお墓や大きな家屋みたいなのやらetc・・)コロン劇場(世界3大劇場  ミラノスカラ座 パリオペラ座)
ボカ地区(タンゴ発祥の地  4年前行った時より街が大きくなって賑やかになってた)
昼食後 シエラトンブエノスアイレスホテルに
    やっと やっとベットに寝そべれた!
夕食 ホテルにてバレンタインデーだったのでハート型のケーキなどありました
今夜は早めにおやすみなさい

FC2カウンター

プロフィール

のんな

  • Author:のんな
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Clock

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

nonnaの小箱

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。