06
1
2
3
4
5
6
8
10
11
12
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
30
   

ルーマニア ブルガリア トルコ15日旅行

5月30日 13日目
6;00 客室係りが各部屋ノックをしてモーニングコール
車内にて朝食

車内にて朝食風景


車内の朝食
列車内の朝食


朝早めにイスタンブールのハイダルパシャ駅に到着
真っ先にブルーモスク見学(スルタンアフメッド・ジャミーが本名)
6本のミナーレを持ち大ドームと4つの副ドーム30の小ドームが有り中はステンドグラスの光が色よく照らし 青を主体にしたイズニックタイルの色んな模様がとても美しかった!
20070630014121.jpg

20070630014427.jpg

ブルーモスクの内部
20070630014706.jpg

次にアヤソフィアでしたが残念ながら工事中のためか閉まっていて
みれませんでした。
次にトプカプ宮殿と宝物殿 宝物殿は撮影禁止20070630233336.jpg

トプカプの送迎門
ハレム(イスラム語で聖域という意味でスルタンの母や妻達や子供や
女召使達が済んでいたところ)トプカプの別の宝物殿としてつかわれていた。
20070702000155.jpg

20070702000645.jpg

ハレムの一部

ルーマニア ブルガリア トルコ15日旅行

5月27日 10日目
パムッカレにて
7;30 モーニングコール   ギュナイドウン
9;00 出発
午前中はコンヤの街へ移動 410km
途中トイレ休憩 ここでは松のハチミツがかかっていて芥子の実もかかっているヨーグルトが有名で 皆夫々お試しに食べていました。
その後昼食
それから放舞教団イスラーム神秘主義の一派メヴレヴィー教団の創始者メヴィラーナの霊廟のある博物館の見学をしました。彼の棺 愛用品
コーランの写本など 又マホメットのあごひげを入れた箱もありました

20070623013450.jpg

20070623013624.jpg

20070623013807.jpg

20070623013952.jpg

17;30 ホテル着
夕食はホテルで  今日は私の誕生日もう一人いらして 二つのケーキで皆に祝ってもらいました。ここで以前書いたた折り紙の爪楊枝いれ
を皆さんに配りましたとても喜んでくれました。20070623015021.jpg

20070623020030.jpg


5月28日 11日目
6;30 モーニングコール ギュナイドウン
8;00 コンヤを出発ーカッパドキア 230km
途中一部分シルクロードを走りました
途中キャラバンサライ(商隊宿)を見学
トルコ名産の絨毯工場にて見学とお買い物皆さんよくお買い上げになりました
昼食はカッパドキアならではの洞窟風レストラン
20070623223708.jpg

20070623225627.jpg

昼食後ウチヒサール ギョレメの谷 ゼルベ の順に見学しました

20070627001841.jpg
ギョレメの谷
20070627002208.jpg
ウチヒサール

20070627012911.jpg
これはどこ?多分ギョレメだと思う
20070627013030.jpg
ギョレメ博物館のフレスコ画
20070627013645.jpg
カッパドキアのきのこ岩群
20070627013814.jpg
トルコアイスクリームの実演をお願いしました

5月29日 12日目
6:40 モーニングコール  ギュナイドウン
9;00 出発
今日はアンカラまで310km
なんだか疲れが出てきてバスの中で眠り込んでしまいました
途中トウズ湖という塩湖にてバスストップ 塩が売ってましたが 私は
死海 ヘルツエゴビナ ペルー モンゴル シルクロードと旅行先で買い求めて使ってますのでやめました。
アンカラの観光でアタチュルク霊廟へいきました。
とても1944?1945年に造られたとは思えないほど新しい造りで
立派な物でした。 アタチュルクの写真はボケて失敗残念!アタチュルクがトルコの為に偉業を成し遂げ いかに尊敬されているかがわかります 実感!

20070629012744.jpg

アタチュルク廟のレリーフ
20070629012927.jpg

アタチュルク霊廟で博物館 この中にお墓が納められている
20070629013436.jpg

トルコの旗を模した花庭園
20070629020222.jpg

20070629020359.jpg

アタチュルク廟の白と黒の衛兵  丁度衛兵交代があり面白く見物しました
そのごアンカラ城跡を見学 この周辺にはなぜかお豆屋さんがいっぱいありました 皆さんレンズ豆屋なんかの豆を重たいのに買ってらっしゃいました。私と相棒は 市がたってましたので覗いたりブラブラしてました。
20070629195449.jpg

アンカラ城跡
20070629195605.jpg

20070629195713.jpg

早めの夕食後アンカラエクスプレスの寝台列車の一等車でイスタンブールへ
20070629200335.jpg

20070629200426.jpg

アンカラエクスプレスの寝台客室
20070629200735.jpg

客室の洗面台

ルーマニア ブルガリア トルコ15日間旅行

5月24日 7日目
7;00 モーニングコール
9;15 ホテル出発
ブルガリのソフィアからトルコへ向けて出発
165kmで昼食の為またプロブディフへブルガリアらしいヨーグルトを使ったスープー(タラトール)今日でおさらばブルガリアサラダ トマトとキュウリ
20070614015321.jpg


その後ブルガリア側の国境カピタンアンドレーボで国境越えノバスに乗り換えトルコ側エヂルネへ
トルコに入るとすぐにおおきなモスク 言葉もトルコ語にかわりました


20070614020904.jpg

20070614020756.jpg


ガイドは日本語のとても上手なイルハン氏
17;00頃ホテル着
夕食の為バスでレストランへ 川沿いのなかなか素敵なところでした
丁度結婚式が始まる前で丁度いいときにあたりました
20070616012506.jpg


20070616012609.jpg

20070616013355.jpg

20;30頃ホテルへ帰る ホテルは昔のキャラバン隊が泊まる宿をホテルに改造してあるものでコの字型の造りで中庭が広く噴水があり昔はラクダの水飲み場ではないかな?回廊がめぐっててそれに准じて部屋が有りベットと昔は使ったであろう暖炉と簡単なロッカーバストイレ 寝るだけなので不自由はしないがタイムスリップした感じ。
夜9時になるととっぜん中庭で地方選出の議員の選挙演説会が始まり
歌有り踊り有りそして本人のおでまし。興味津々でパジャマのまま相棒と写真をとることにして回廊へ出てみると・・・なんと・・!旅の仲間の問題児夫婦が候補者の貴賓席にドッカリと座っているではありませんかそれも皆背広など着ているのにハワイの絵が入ったTシャツでTVや新聞記者からインタヴュウーを受けていました。次の日なんて答えたのか聞いてみましたが 自分達も見ようとイスに座ってたらイスラム教か?と聞かれたのでイエスといったら名前は?キングカメハメハだと答えたら貴賓席に連れて行かれたとのこと そしてインタビューはアイ.ラブ.トルコとこたえたそうですターキーと違うのかな~といったら“なんでもええわ!”と
20070615112342.jpg

20070615110526.jpg

20070615112504.jpg

5月25日8日目
今日から毎朝トルコ語でおはよう ギュナイドウン!
6;30モーニングコール
8;00出発
トルコのヨーロッパサイドからアジアサイドへ移動ダータネルス海峡を
フェリーで渡りトロイへ
船の中でチャイを飲んでいると物売りのおじさんがきて合成樹脂と思う
が色んな形に変えられる人形を売りに着て私としては面白いので欲しいけれど他の仲間もよんで沢山買って2個3ドルを3個2ドルにさせてしまいました
20070615014108.jpg

20070615175234.jpg

観光後エーゲ海沿いの町アイワルクへ
17;30頃ホテル着 ホテルで早めの夕食
夕食後海岸を散歩して折角だからエーゲ海に入って見ました足だけ。

5月26日 9日目
6;00 モニングコール
7;30出発
ギュナイドウン
朝1番にトルコ石のお店でお買い物 皆真剣 私も母に頼まれていたので私の分とワオ!
その後昼食
そしてエフェソス遺跡 立派なケルスス 図書館 勝利の女神”ニケ”
(ナイキの語源になってます)のレリーフ等
20070616031156.jpg

エフェソスからパムッカレ 185km
世界遺産のパムッカレはトルコ語で綿の城という意味で石灰棚が広がって温泉が出て保養地になっています わたしと相棒は3年前中国の九さい溝と黄龍へ行って素晴らしい石灰棚を見てますのでな?んだと言う感
じでした此処のヒエラポリスは紀元前の年の遺跡でした
20070619104015.jpg

20070621235006.jpg

この日は革製品のお店にも寄り・・トルコの皮のなめしは良いそうで
大きなお店でファッションショウをしながら新しい製品を見せてくれるのですが私ともう一人の女性背の高い男性の3人がモデルに引っ張り出され 精一杯演技をさせられました  でも楽しかった。
20070619105843.jpg

ルーマニア ブルガリア トルコ15日旅行お茶タイム

今度の旅行は皆で27名
北海道 友人ペア1組 女性1人参加1?3名 
九州 私と相棒と女性1人参加?3名 
大阪 ご夫婦3組 男性1人参加 ご姉妹1組-9名    
奈良 ご夫婦1組ー2名
滋賀 ご夫婦1組ー2名
淡路島 ご夫婦1組ー2名 
なんだか得体の知れない女性3人組 
名古屋のご夫婦1組ー2名
女性の添乗員さん1人 モデルさんみたいですが流石人気添乗員することが落ち着いて早い
とても和気合いあいでした。
私は前回の南極旅行で怪我の治療中でお薬が常に冷蔵してなければならず口の広いステンレスの魔法瓶に中くらいの保冷剤2?3個入れてトランクの中に入れて持ち歩き薬2種類だけ夜はホテルの部屋の冷蔵庫にいれ保冷剤はジップロックの袋に入れて添乗員さんにお願いしてもらって食堂の冷蔵庫で凍らせてもらい 朝食事のとき荷物を出す前に全部まとめての毎日でした添乗員さん本当にありがとう

ルーマニア ブルガリア トルコ15日旅行

文字色文字色文字色文字色平成19年5月18日
私と長崎の旅の相棒は大阪の旅行会社のお得意様の中から抽選で人気添乗員 安く 豪華とはいかないまでも比較的良質に行ける旅行として3カ国の旅行に当たりワクワクしておりました。
ところが関空発の飛行機がどれも満席でなかなか取れず
結局 成田発に変更  大阪組は伊丹より成田へ 福岡は3人で
福岡空港6時10分集合 相棒はいつもの様に我が家のホテルお泊り
ANA2124便7;10分にて成田へ しばらく時間が有りユーロに換金したり軽食を食べたりして 出国手続き後
12時;15分 ルフトハンザ航空にてミュンヘンへ  ルフトハンザは私の好きな飛行機の1つです。ドイツ魂は綺麗好きANAとの共同運航便比較的清潔です。出発もきっちり
17;45 ミュンヘン着(ここで日本との時差ー7時間)
21;00ミュンヘン発ブカレストへ
23:59ブカレスト着(此処で時差+1時間)
ホテルコンフォートオトペニには夜中着とりあえずシャワーをかかっておやすみなさい!
20070609014846.jpg

20070609014944.jpg


5月19日 2日目
朝6;30分 モーニングコール  同じjホテル連泊なので荷物はそのまま   バイキングの朝食
8;00専用バスにてシナイア地方へ(120km)
    ペリショール城ードイツ王カロル1世の狩猟用の城
20070609022750.jpg

    ペレシュ城ーこれもカロル1世のもの
20070609184237.jpg

    シナイア僧院ーエジプトのシナイ山と関係有り
20070609184630.jpg

昼食後(ミートボールの煮込み料理)
午後 ブラショフの町へ47km
黒の教会をバスの中からみながら吸血鬼ドラキュラのモデルになったヴラド3世の伝説のある城ブラン城へ
残念ながら写真がぼけて物にならないのでガイドブックより転写しました

20070610015300.jpg

シナイアもブラジョアもお土産やが沢山出ていてみな夫々にお買い求めしてました わたしもレースのはいったチュニッ丈けのブラウスを買いお気に入りです
それと訪れた国 地方の絵皿を集めて壁に飾ってますので
ドラキュラ伯の絵皿を求めました

20070610160107.jpg

20070610160157.jpg

添乗員さんがバウムクーヘンと同じ焼き方をするキュルトスという蜂蜜を付けて食べるお菓子を買って皆に試食させてくれました おいしかった!!
20070610161625.jpg

20070610161705.jpg

ブカレストのホテルへ173km 21時30分過ぎ 夕食
荷造りをして お風呂につかっておやすみなさい

5月20日3日目
モーニングコール 6;30
8;30出発 ブカレスト市内観光
革命広場と国民の館(これは楽しみにしていたのですが同日隣のスピードカーレース場でF3のレースがあっててものすごい人と警備で出入り
OFF。耳を劈くような爆音と歓声ですざましかった。見えないように細かい網目のフェンスが廻らしてあったが何となくわかるので写真にしました
革命広場は民主革命の舞台となった故チャウシェスク大統領が最期に演説を行った場所旧共産党本部などまわり 国民の・・・代わりに農村博物館へいきました。ここで可愛いお嬢さん方の踊りの練習を見ることができ とても素晴らしいタマゴを割って外側を赤と金で塗り
中に最期の晩餐の絵が書いてあるものを求めました 
これは娘の結婚祝いを頂いてた友人が何でも持ってるので変わってて
いいかなと思ったのです。年に何個かしか作らないそうです20070610165821.jpg

F3レース

20070610165943.jpg
国民の館


20070610170732.jpg
革命広場

20070610171000.jpg
故チャウセスク大統領が最期に演説をしたバルコニー


20070610172440.jpg
民族衣装の子供たち

20070610172712.jpg

20070610172900.jpg
エッグペイント最期の晩餐
午後イワノヴオへ192km
断崖の洞窟内に造られた世界遺産イワノヴォ岩窟教会
20070610173651.jpg


20070610173733.jpg
内部の綺麗に残された絵

ルーマニア国境ギュルギュウの村でドナウ川を越えてブルガリアへはいりました検閲官が乗り込んでざあッと見てパスポートの顔と検査でした。
いよいよブルガリアです かって第二次ブルガリア王国の首都であったヴェリコタルノヴォのホテルへ119km
19;00頃ホテル着夕食はホテルで   此処から始まるブルガリアンサラダ何時も何時もトマトトキュウリそれに時々マッツシュポテトが

5月21日4日目
モーニングコール7;00
9;00ホテル出発  
ヴェリコタルノヴォ観光 街中で(銀座通り)でブルガリアのお金に両替1レバ(2ユーロ)(¥80)
いわゆる職人街チャルシャでフリータイムまだ早いので開いてるお店が少ない でも道のおくのほうまで行ったらおじいさんがコツコツと赤銅の打ち出し製品をつくっていた。その隅にここ7?8年探していた湯布院のひなびた感じにして冬行く時はとっても暖かい感じにしてある喫茶店のココアを作るとき使う物と同じ物を発見嬉しくて値段交渉も忘れて買ってしまった。・・・がおじいさんはちゃんと負けてくれてた。
ありがとう!!!
20070610221848.jpg

ツアレベッツの丘20070611005541.jpg

ツアレヴェッツの丘にはかつて王宮があったが オスマン朝軍に攻撃されはかいされた。今は民族復興博物館になっている
シプカ峠を通り ここは水牛のヨーグルトが有名で此処だけの物   食べないことは無い 相棒とシェアして・・でもすっぱかった!
20070611011038.jpg

峠を降りるとシプロ村 此処は何の変哲も無いど田舎 ここに日本人が
60人ほど移住して村の手伝いとかして自給自足の生活をしてるとか
アメリカンチエリーに似たサクランボが鈴なり ま?あ見事でした
それがず?っと続いてバスを停めて欲しいくらいでした写真が取れない
昼食の時民族衣装を着た女性が皆にバラ水の入った小さな木の人形をプレゼントしてくれました。勿論レストランからの物ですが

20070611012956.jpg

そしてカザンラクのバラ博物館 花344トンに1kgmのローズオイルしか採れないそうです。朝湿度の多い時に摘み取るそうです
20070611013621.jpg
帰る途中ガイドさんが気を利かせてバスをとめてバラの咲いてるところで写真ストップ20070611014016.jpg

20070611014056.jpg

カサングラ?プロデイデイフ124km
21;00夕食後プロデイデイフのホテルへ


5月22日5日目
7;00 モーニングコール
9;00 出発
  朝1番雨の中徒歩観光
聖コンスタンチン教会 これは外からしか見れませんでした。でも街のお掃除おばさん達がバラの手入れで切った花を皆にくれ 私達もおかきやアメなど分けてあげ 言葉はわからないけれど少し和やかな情景でした
20070611170622.jpg

ローマの競技場跡 円形劇場跡を見て  昼食
午後 170km 世界遺産ボヤナ教会へ 表情豊かなフレスコ画で有名
20070611172926.jpg

中の撮影は禁止
ソフィアへ10km
途中町の中で聖ペトカ教会 第2次世界大戦後の都市計画で教会の両側に高架の大道理を建設したため埋もれるようになった
20070611173944.jpg

20070611174051.jpg
ローマの競技場跡20070611174348.jpg
ローマ劇場跡
アレクサンドルネフスキー寺院
20070612005417.jpg

ブルガリア最大の規模の教会 地下室はイコン博物館になっている
20070612010820.jpg

ソフィア大聖堂
ここでミサが行われていてみな静かに内部をみてまわり その後御土産やに案内され でも私と相棒は違う露天の御土産やさんで しこたま可愛い木製のつぼに絵がかいてあるバラ水のいれものを値切って値切って
買いました残念ながらもう手元には1個も残ってませんが もう少し上等のローズオイルをカサングラで求めてましたので良く似た入れ物の写真があります
20070612015031.jpg

20070612015145.jpg

ガソリンの値段を調べました  1L?2レバー160円位
夕食はブルガリア民族舞踊ディナーショー(CEVERMETOと言う
名のお店でした)色んなダンスの披露の後 大阪の女性と私と引っ張りだされ脚裁きの難しいフォークダンスを踊らされましたとても楽しかったです!
5月23日6日目
7;00 モーニングコール

出発の前ロビーがとても賑やか何事ぞ と思いきやサッカーの試合の応援団が泊まっていたらしくバスを待つ間騒いでいました。ベッカムの居たイギリスのリバプールでした写真を向けるとマッタ!とチームの旗を広げてこれも一緒に撮れと・・・20070614014052.jpg

20070614014418.jpg



8;30 出発 120kmで世界遺産リラの僧院(2時間30分予定)ソフィアへ行く途中ゴチエリノボ村を通りますが 此処は皇太子殿下に是非お出でいただきたい所で沢山のコウノ鳥が飛来して巣造りをするところで あちこち大きな巣を見ました。
私も娘夫婦にコウノトリがやってきてくれますように祈りました
20070612170000.jpg

20070612170320.jpg

20070612171830.jpg

リラの僧院 全体は写せないのでパンフレッツトから取り込みました
聖母誕生教会のイコンは素晴らしい物でした
rirano.jpg

riranoikonn.jpg

20070612172633.jpg

20070612172728.jpg

ソフィアへの帰り道ッサクランボ売りのおじさんがいましたのでバスストップ皆1キロずつ買ってましたが 私と相棒は1人参加の人と3分割して1キロ買いました丁度良い量だした。ペットボトルの水で洗いたべましたオ・イ・シ・かった??!1kg 3レバ(240円)でした20070612175309.jpg

20070612175335.jpg

20070613000458.jpg
この写真は前日のブルガリアンダンスのもの
20070613001231.jpg
私達が誘われたフオークダンス
20070613002613.jpg
ブルガリアのビール
昼食は鱒料理新鮮な物を焼いただけ・・・おいしかった
ソフィアへ120km戻りました夕食はブルガリアの代表料理カパルマ
お店がとても面白い飾りつけでした
20070613003806.jpg

20070613003930.jpg

20070613004030.jpg

21;00頃ソフィアのホテル到着   明日からはトルコ

死海の石鹸 トルコの石鹸

6月7日
シリアヨルダンを旅した友人の土産に死海の石鹸を届けてくれた
使ってみると非常に体が滑らかになる 1個は普通に使ってもう1個は
クレンジングバーと書いてあるので一寸美容的なもののようだ 何も思わず箱を捨ててしまって残念だが使い始めたばかりなので写真にとった

トルコのトロイ近くでしか見当たりませんがオリーブ石鹸が有名で買うのを楽しみにしていました 洗濯石鹸のようにしてますがアトピーなど皮膚のトラブルの人にはいいようです シャンプーにも使えます
丁度スペインで仕入れたのがなくなってましたので死海の石鹸のあとつかいます。重たいけれどアトピーの人のためリュックで頑張りました

20070608002542.jpg

20070608002748.jpg

楽しい事のあとの苦しみ

6月6日
5月18日より旅に出た ルーマニア ブルガリア トルコそして帰国途中フランクフルトの街を7時間ほど 15日間の日程で
その事は後日生活のリズムが戻って書きたいと思いますが
楽しんで帰ってみるとダンボール一杯の大切な書類や手紙や冊子やオーダーメールの山 全部開いてみないと何が必要な物かと判断できません
留守の間に私のおまんまの種の仕事に事件が起きていて 帰ってきて次の日から何人もの人と頭の痛くなるような話 留守電にいっぱい入ってることの処理 おばあちゃんの3回忌の準備 久留米にいる私の母の食料品や雑貨の買出しに 家の中はサッシとは言え黄砂と向いの家の取り壊し砂だらけ 庭は玄関から見えるところだけ頑張って草取りして掃いてもうクタクタ・・・楽あれば苦有り

昼過ぎTELが鳴った 懐かしい人から・・10年ほど前アメリカの人に英会話を習ってた仲間で 先生が帰国したためそのままになっていたのですが3?4人いるので勉強しないかとお誘い う?む!したいけど時間が合わぬ 頭も合わぬ 私の甥のお嫁さんは外人さん キングズイングリッシュで先生もしてる 私のアメリカの大学卒で現地ではたらいてた娘とは英語で話してる 娘の旦那さんは日本人だが英国育ちその後アメリカでも生活して その両親も会話ができる 現に実の娘の住んでるハワイへ一人でよく出かける 昼間働いてる娘がいない時はご近所さんと仲良くしてるらしい くやしい??!

FC2カウンター

プロフィール

のんな

  • Author:のんな
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Clock

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

nonnaの小箱

ブログ内検索

RSSフィード

リンク