FC2ブログ
   
03
1
3
4
5
7
10
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
   

フランス周遊 9日目

3月23日(日)
モーニングコール  6;00         出発  8;00
いよいよ今日はフランスにお別れして日本へ向けて帰国の途に。
10;45 ルフトハンザ LH 4213便 にてフランクフルトまで   (12;05着)
フランクフルト 13;40発  LH740便にて関空まで   フランクフルトの空港で少し遅れ その後 私たちのグループだけ長いこと待たされ何事かと思えば よそのドイツ観光の日本人ツアーの男性が脳溢血か何かで倒れられ意識不明の重症、座席6個ぐらい使って衝立様のガードをつくり病室にして 体をぐるぐる巻きにして色んな機具をつけて迎えの家族とドイツ人の白衣の医者とともに乗り込まれました。その準備の為 近くの座席の私たちは最後の乗り込みでした。
この頃は80歳を過ぎても元気カクシャクとして旅行を楽しまれる方が増えましたが、エコノミー症候群は何も飛行機の中だけではありません毎日バスに揺られて長いこと乗っているのも危ないのです。もう少し若くても突然襲ってくるので用心用心。
10日目  3月24日(月)
9;00過ぎ  関空着  おつかれさまで解散
12;55    関空ー福岡JALにて福岡へ   私はここで終わり   相棒は又バスにて○○市まで。またの旅行迄バイバイ

追記

3月22日続き
昼食後午後からは自由行動
昔ベルサイユ宮殿も見学しましたが、鏡の回廊が改修され往時の輝きを取り戻したと新聞に載っておりましたのでぜひ見たいと思いオプションに参加しました。丁度復活祭の休日と重なり 世界中の見学者が大勢来ており もうそれはそれは長い行列 雪だあられだと寒さもひとしお めげそうになりました。
ヴェルサイユ宮殿
ヴェルサイユ宮殿が出来たきっかけは 17世紀後半 太陽王ルイ14世が 臣下の財務長官フーケに招かれてヴォール・ヴィコント城(後に城の豪華さに心奪われタルイ14世はフーケからこの城を没収した)を訪れ壮麗な館、きらびやかな室内装飾、石造が立ち並ぶ庭園に自尊心を傷つけられ この城を凌ぐ宮殿を建てることを決意。こうしてヴェルサイユ宮殿が誕生したのである
50年と言う歳月と巨額の費用が投ぜられて大宮殿が完成。ここに宮廷が移された後も少しづつ手が加えられルイ15世になり今のような姿になった。1682年?1789年の100年以上ルイ王朝の象徴として絶対王政の中心地だった。。今世界遺産として堂々たる輝きを放ちつづけている。
いくつかある入り口で待つ人の行列の一部
2008.3.15 506

ヴェルサイユ宮殿の建物
2008.3.15 511

庭園(幾何学模様の植栽)
2008.3.15 510

ルイ15世
2008.3.15 522

ルイ14世
2008.3.15 536
マルスの間の絵
2008.3.15 527

メルクリウスの間
(ルイ14世ガ逝去した際、2日?10日まで遺体が安置されていた。
/file/20080331220134.jpg" target="_blank">2008.3.15 533

鏡の回廊
(正殿と王妃の居室をつなぐ73mの長い回廊1868年に完成。天井にはルイ14世の偉業をテーマに30枚もの絵が描かれている。1919年第一次世界大戦終結のヴェルサイユ条約の調印が行われたのもここである。)
2008.3.15 544

王妃の寝室
(3人の王妃がここを使った。この装飾はマリー・アントワネットのものを1980年復元させたもの。王妃はここで王子を出産し、確かに世継ぎであることを証明する為にその模様を一般公開された。写真はちょっとピンボケ気味。
2008.3.15 550

もっとたくさん見たが これで今回の旅行の観光スケジュールはすべて終わり。ホテルに帰り皆さんは街へお買い物に繰り出されてましたが、私と相棒は買うものもなく夜だし雨だし寒いのでホテルで久しぶりお風呂にお湯をためてゆっくりした時間を過ごしました。

フランス周遊 8日目

3月22日(土)
モーニングコール  7:30    出発  9;00
今日はフランスにて観光最後の日。
パリ市内観光
30年前訪れているが現在も変りない建物 街の様相は少しずつ変ってきて明るく感じられた。
ただみぞれ模様で風が強く寒い!
エッフェル塔
2008.3.15 430

シャンゼリゼ通り
2008.3.15 437

凱旋門
2008.3.15 434

ノートルダム寺院
これはバスの中からで写真が撮れなかった・・・が以前中まで入って見学してるのでよし。
コンコルド広場
ここでマリー・アントワネットは処刑された。ここもバスの座席の関係で撮れなかった。
ルーブル美術館駆け足見学
2008.3.15 444

2008.3.15 446
2008.3.15 447

民衆を率いる自由の女神(ドラクロワ)
2008.3.15 451

モナリザ(ダヴィンチ)
2008.3.15 454

聖母子と聖ヨハネ(ラファエロ)
2008.3.15 459

2008.3.15 467

サモトラケのニケ(ナイキ)(エーゲ海、サモトラケ島で発見)私はこれが大好き
2008.3.15 470

ミロのヴィーナス
もう少し色んな物を見ました。
以前2日かけて見学してますので良しとしますが、オルセーやオランジュリー美術館も見たいです。
昼食はほんの少しのエスカルゴと鶏肉料理
2008.3.15 491

ムーランルージュ
2008.3.15 489

追記(モン・サン・ミッシェルの説明)

2008.3.15 404

708年対岸の町の司教オヴェールの枕元に聖ミカエルが「トンブ山の岩山の上に修道院を建てよ」と告げて966年修道院が建設され世界最古のベネディクト派の神父が5人が下界に降りず修道の生活をして後ベネディクト派修道会の聖地として多くの巡礼者が訪れるようになった。13世紀ゴシック様式が登場し建物は上へ上へ増改築され複雑化した。英仏百年戦争では要塞としフランスに勝利をもたらした。途中ジャンヌ・ダルクが登場したフランス革命ではここは破壊され修復された。18世紀には監獄として使われた。
1979年世界遺産に指定される

フランス周遊 7日目

3月21日(金)
モーニングコール 6;00   出発 8;00
今日は念願のモン・サン・ミッシェル。高速をひた走り 途中から暴風雨 皆の顔がひきつってきた
この嵐の中ではあの海の干潟に建つ修道院は見学できないのでは?と でも幸いに近くに来たら風はあるものの雨は納まってきた。晴れ男?晴れ女?の勝ち!!これで見学はOK。先ずは参道にあるレストランでここの名物料理オムレツで昼食  ふんわりフワフワ ソースはホワイトソース
2008.3.15 366

オムレツを作るまでの卵の攪拌デモンストレーション(意外に卵の量は少ない)
2008.3.15 367

19世紀半ば巡礼者のための宿屋をしていたプラール夫人が考案。食糧難の時代 栄養価が高く巡礼者の空腹が満たされるように工夫されたもの。
このあといよいよ見学。  石の階段を上れ上れ一番上から順に降りながら見学
2008.3.15 365

2008.3.15 375

2008.3.15 378

2008.3.15 387

院内にある食料や機材を運び込む為の滑車。輪の中に人が入って人力でまわし専用の台車を引き上げる仕組みになっている。
2008.3.15 395

2008.3.15 402

これでこれからパリへ向けて2時間ほど・・・が復活祭の休日にはいる為早く着いた。しかし郊外に出る道路は何キロか渋滞皆バカンスにでかけてる。
2008.3.15 426

furannsusyuuyuu

フランス周遊 6日目

3月20日(木)
モーニングコール 7じ;15  出発 9;00
昨晩のメニエルが少し残っているような感じ 少しフラついていたが朝から嘔吐してしまった。
今日は辛い一日になるだろうなと覚悟していたが吐いてしまったらスッキリしてシャキッとなった。昨晩飲んだ睡眠導入剤が利いていて調子がおかしかった様だ。丁度疲れが出るころ用心々  朝食はパス!相棒が色んな物をくすねて持ってきてくれました。
バスに乗って近くのリモージュ焼き陶器工場見学。 私は用心のためバスの中でおねんねしてました。それでも相棒は私のカメラを下げて写真を撮ってきてくれ 私の集めているメモリアルの為のお皿を買ってきてくれやっぱり長年の相棒だなと嬉しさ一杯。この頃はリモージュ特有の濃いブルーに金色の手描きばかりでは無くなってきているようです。
2008.3.15 255

2008.3.15 261

この頃には私も日頃と変わりないようになりロワール地方へむけてGO?!
ロワール地方
ロワール城の横のレストランで昼食   魚料理 
2008.3.15 292

2008.3.15 293

2008.3.15 294

ロワールの古城シュノンソー城・・・ロワール河の支流セール川に浮かぶようにして立つ手いる城
この城は何代も女性城主が君臨していた。 19世紀末ムニエという人が買い取り 現在もその一族が所有している。第一次大戦時には自費で城全体を軍用病院として提供した。
2008.3.15 295

聖母マリアのレリーフがある礼拝堂
2008.3.15 296

アンリ2世の妻と愛人が張り合って作った庭園の一部
2008.3.15 322

ここでは名門シャトーワイン工房が城の横にあり皆さん試飲体験。2008.3.15 328

2008.3.15 331

私は飲まないのでこのような写真を撮るため外へ
次にアンヴォワーズ城遠方からのほうが全体を見れるので川を挟んで眺めた。この城については説明なし夕方で少し暗くなってた。
2008.3.15 335

わ?いやっとホテルだ。夕食はフランスワインと肉のワイン煮 ワインが飲めない私は遅くもあるし朝が朝だけに適量に控えてました。


フランス周遊 5日目

3月19日(水)
モーニングコール 6;00    出発 7;40
カルカッソンヌをを出て田舎の景色を見ながら高速道でサン・シルク・ラポピーへ
サン・シルク・ラポピー
途中の風景
2008.3.15 182

2008.3.15 187

サン・シルク・ラポピーはカルカッソンヌ_ツウールーズ_CAHORS(カオルス?)の近く山間川のそば「フランスで一番美しい街」と言われているルネサンス様式の木骨造りが美しい家並み。本当にいい所でした
2008.3.15 201

2008.3.15 214

2008.3.15 223

2008.3.15 221

ラスコー(世界遺産)
先史時代14000前?20000年前のクロマニヨン人が描いた躍動感あふれる壁画(牛や馬や狩の様子が描かれている)
本物はカビがきたり崩れかけたり退色したりで保存のため同じものをラスコー?として造り制限の一般公開している。中は撮影禁止ハガキを買うのをわすれた?!
2008.3.15 233

2008.3.15 231

昼食は鴨料理でした。
一路リモージュへ向けて高速道をひた走り。リモージュ泊
この夜食事中軽いメニエルがおきかけ食事を食べずにひたすら寝てました。

フランス周遊 4日目

3月18日(火)
モーニングコール  7;00    出発  9;00
アルル観光
プロヴァンスの魅力満載の地方
ヴァン・ゴッホ橋・・・1888年ゴッホが狂気と正気の間で描いた「ラングロアの跳ね橋」。郊外の何もない寂しい田園風景の中にある。1日ボーッと居たいようなのどかさだった。
2008.3.15 120
  
2008.3.15 118
サン・トロフィーム教会・・・中世のロマネスク美術正面の扉「最後の審判」は有名
2008.3.15 123

ローマ円形闘技場・・・1世紀ごろ造られたフランス最大の闘技場 収容人物は2万人。中世に要塞化されたが19世紀に再建された。
2008.3.15 127

古代劇場・・・紀元前1世紀アウグストス帝統治下に建造。1万人収容できる壮大な大劇場17世紀に再発見された。
2008.3.15 125

ゴッホが住んで絵に描いた家と部屋
2008.3.15 129

2008.3.15 130

ゴッホの「夜のカフェ」の絵の場所
2008.3.15 114

ゴッホのカフェ

ポン・デュ・デュカール(ローマ時代の水道橋)
紀元前2世紀ごろから約7世紀野間ローマ帝国の支配下にあった南フランス。豊かさの象徴であった水を水源からニームまで50kmつないで水路で運んだ。この水道橋は50年ごろに建築された。
この水道橋の下段を歩いて渡って反対側から眺めた。
2008.3.15 138

反対側に大きな古いオリーブの木があった 幹がくねってこんなオリーブの木は日本では見られない。
2008.3.15 141

この水道橋の袂のレストランで昼食 ビーフ・ブルギニヨン(牛肉の煮込みシチュー)
カルカッソンヌ
ヨーロッパ最大級の堅固な城壁都市 世界遺産になってる。
4時頃着き場内のホテルへ落ち着き 6;30分の食事まで場内のお店など探索。場外のレストランで
白いんげんと肉の煮こみ料理 意外においしかっつた。食事後カルカッソンヌのライトアップを外から見物
2008.3.15 160

2008.3.15 156

城内のホテル
2008.3.15 178

夜のライトアップ
2008.3.15 173

11時ごろお休みなさい


追記

セザンヌのアトリエ
2008.3.15 087
   セザンヌアトリエ

ミラボー通り・・・樹齢400年以上のプラタナスがきれいな(冬を越して落葉してましたが)通り1664年四輪馬車を通すため城壁を壊して造成。道の南側は17世紀の貴族の館が立ち並ぶ。
2008.3.15 095
このレストランデ昼食(プロバンス料理)
アビニヨン市内観光
サン・ベネゼ橋・・・アビニヨンの橋で輪になって踊ろよ・で有名。12世紀にローヌ川に橋をと神のお告げを聞いたベネゼが建造にいたった。1226年には十字軍に破壊され再建されたが17世紀ローヌ川の増水で半壊し今の姿になる。2008.3.15 108

法王庁宮殿・・・14世紀に7人の法王が住んだ宮殿 世界最大のゴシック様式建築建物はベネディクト12世時代に建てた簡素な旧宮殿トクレメンス6世時代の豪華な新宮殿に分かれている。
2008.3.15 100
   
2008.3.15 107

2008.3.15 102

2時間ほど歩いて見学の後又3時間かけてアルルまで走行   ほとんどの人が
夕食は豚の香草焼き    早くおねんねでした。

フランス周遊3日目

3月17日(月)
モーニングコール  6;00   出発  7;45分  朝8;00気温11度
にてニースから終日エクス・アン・プロバンス?アビニヨン?アルル
出発から3時間エクサンプロバンス着  当時のまま保存されているセザンヌのアトリエ見学

フランス周遊2日目 2弾

3月16日  追加
昼食  ニース風サラダ・ターキーのベシャメルソースかけアイスクリーム
モナコ公国
モナコへの道すがらの風景
2008.3.15 050

2008.3.15 080

2008.3.15 079

モナコ大聖堂monako.jpg

2008.3.15 060

レニエ大公とグレース王妃のお墓
2008.3.15 064

2008.3.15 067

ここへエレベーターとエスカレーターで上って来た途端お上品な日本人ガイドさんの知り合いの空手の先生とその弟子達に逢い写真を撮らせていただいた。
2008.3.15 055

2008.3.15 057

モナコ大聖堂は1875年ローマ・ビザンチン様式で建てられた真っ白な石の教会故レニエ大公とグレースケリーが結婚式を挙げたところ。
モナコ大公宮殿
1215年ジェノバ人が築いた要塞の跡地に建てられた宮殿 中世からナポレオンの時代までのさまざまな宮殿建築様式がみれる。旗がある日は大公がおいでになる日今日はお留守の日でした。残念ながら写真が撮れてなかった
モナコの往復車の渋滞が続き何事と思えばなんと自転車レース 割と有名だそうな。モナコグランプリ自動車レースはよく知ってますが・・・
夜の食事はシーフード料理(あまりにも安っぽくてまずかったのでほとんど食べず)そしてニースのホテルへ帰り早々お休みなさい
2008.3.15 086

furannsu

フランス周遊2日目

3月16日(日)
モーニングコール 7;15    出発9;00    
 専用バスにて最初にカンヌ観光パレ・デ・フェスティバル(カンヌ映画祭の会場)日本の黒澤明監督の手形がありました。一昨年、昨年北野たけし監督もおよばれでしたが・・・
2008.3.15 013

2008.3.15 015

クロワゼット通り(カンヌの目抜き通り)と海沿い  旧市街観光
ニース観光
旧市街(サレヤ広場)ここは朝市で賑わっていた ドライトマトをお土産に仕入れた。
2008.3.15 025

2008.3.15 024

プロムナード・デ・サングレ海岸に沿う3.5kmの大通り英国人居住者の資金で整備されたので「イギリス人の散歩道」と名づけられている。
シミエ地区・・・シャガール美術館鑑賞
2008.3.15 028

2008.3.15 032
2008.3.15 027

2008.3.15 036

2008.3.15 041


フランス周遊 3月15日-3月24日

3月15日(土)
自分でもよくぞ毎月出掛けるものだと思えども何年かすればまたまた介護の世界が待っていると思うと今のうちに行っておこうという気が多いにする・・・と屁理屈を付けて納得しているが なにはともあれ出掛けてきました“おフランス”。
何時もの相棒恒ちゃんは何時ものように前日我が家へお泊り。
15日朝7;05分JAL関空行きで飛び立ち   8;40分国際線ロビー集合  10;40分ルフトハンザドイツ航空にてフランクフルトへむけてGO!
添乗員は45才くらいの男性青木さん 座席は席。途中ロシア上空を飛んでいる時山々が雪に覆われ雲海が見れ また海の氷結や流氷が見られたりなかなか退屈せずに長時間見とれてました。
現地時間15;10分 フランクフルト着   16;40分ニースへ向けて出発
ニース行きの私の座席の隣はドイツ人のお子様パック2人 日本みたいにキャビンアテンダントが世話焼くこともなく国境が地続きだなあとかんぜられる程何事もないように任天堂のゲームに夢中  写真を取らせてもらいました。
いよいよ18;05分ニース着(時差8時間)  着後バスにてホテルAPOGIAへ 夕食は機内食の簡単なもののみ。夜は早めにお休みなさい
2008.3.15 001
2008.3.15 004

2008.3.15 005

2008.3.15 007

2008.3.15 010

何もなく一日グータラ主婦

3月13日(木)
今日は3月とは思えない陽気で気温22度とか ポカポカとして私はウトウト。旅行で知り合った諫早の方が送ってくださったご本人の日々の記や旅行記最後の6冊目を読み上げて もうひとり富山県のやはり旅行で知り合った方の旅行記も読み上げて 男性方は私みたいなチャランポランな観光ではなくてかなり系統立てて深くお勉強されたなとしきりに感心!諫早の方はメリハリがあり面白くご自分の挿絵があり人物描写も面白く楽しく読めましたが ご一緒した旅行の私と相棒の描写がどんなに書かれるか恐いですが戴きたいものです。洗濯もせず掃除もせず食事も作らずある物で こんなぐうたら主婦の一日でした。

こんなの初めて見た

3月12日(水)
今日は暖かく4月上旬並みの気候だとか 雑草も元気に背伸び始め私の草抜き意欲をかきたてる しかし下を向くのは危険 メニエル様はこれが嫌いなのだ。仕方なく庭掃除をして"ビタミンD カルシウム”と言いながらお日様と遊び お陰で昼からはクシャミ 鼻水 目のかゆみで一仕事。家の中で片付け物を始め おばあちゃんの遺品を少しずつーもうほとんどないのですが片付けてたらこんなものが冊子の間からでてきました 初めて見る兌換券で
小さい文字で明治17年正月の字が見えます 武内大臣とは日本で最初のおおとみ(大臣)とされる想像上の人物と書いてありました。大事に仕舞っておこう。
兌換券

だかんけん2

孫の誕生日と寂しさ

3月11日(火)
今日はたった1人のの誕生日。先日プレゼントは送ってもとても興奮してしてきたが 今日当日は日本に居ない。の転勤で台湾に住むことになり 今住むマンションと幼稚園等々で決めに行ってる。昨年○○学園の幼稚園お受験でバタバタして大変だったが(私は蚊帳の外 大蔵省です)受かって喜んで全部用意できて払うもの払っていたのですが 残念だが家族が一緒が一番!が決心して一緒に行くことにしホッとしている。台湾は近い 時間的に九州と北海道の距離だけれどパスポートガ要る。旅行好きの私だがやはり寂しい。帰ってきて引越しの時NONNAお手伝いにいくよ!




眠れなくてたいへんだ?

3月10日(月)
メニエルや耳鳴りに効果が期待できるという蜂の子エキス 何でも試して見なければ・・と買ってきて飲んでいるが1日1?3錠随時とある。最初は少し多めがいいと勧めてくれた友人の言 朝 昼 晩と1錠ずつ飲んでいるが昨晩飲み忘れ夜10時ごろ飲んで12時頃ベッドに入った。いつもベッドに入って本を読み始めるとすぐに眠気が襲って寝つきは早いのだ。・・・ところが昨晩は前日からの寝不足もあるのにお目々パッチリ体はホテリ足が熱くてお布団からそっと出す始末 何だかイチ・ニイ・サンと体操でもしたくなるようなエネルギッシュな気持ち んん?これは何だ?眠れない??!!
そうだこれは蜂の子エキスのなせる業では?効果がでてきてるのかも?とますます目が冴えてしまって    あまり睡眠不足が続くとメニエルさまの機嫌が悪くなるのでたいへんだ?!滅多に飲まな医者からもらった睡眠導入剤を飲んで無理やり眠りました。
今朝すっかり寝坊して9時過ぎ起きたところ滅多に飲まない導入剤のおかげで私の体は雲の上 まだフラフラとまるでメニエル状態。暫くマッサージ機を倒してもう一度お休みなさい.
10時過ぎお薬の影響はなくなってシャキッ!
蜂の子騒動でした。
2008.2 308

イスラエル・エルサレム・ユダヤ教の嘆きの壁(男性と女性は祈る場所が分かれていてこれは男性の方)オープンシナゴーグ(オープンユダヤ教教会)として終日開放されている。

あ?うるさい!2弾と 今日の出来事

3月9日(日)
昨夜からとうとう明け方まで資材置き場のトラックの動きは止まらなかった。寝ていると重機と運搬のトラックは地響きに近い音で近寄ってくる それにも増して4;00時近くには大勢のライダー暴走族の爆音で驚いて目が覚めて朝まで眠れず悶々とし早起きしてしまった。
朝8;00時には娘が帰京で家を後にし 私はなんとなく寝不足気味で12;00時に先に入院した叔父の見舞いに来る母とT神のIデパートで待ち合わせ昼食を食べて病院へ・・・自由気儘な精神の叔父はマイペースを崩さず病院のスタッフも手を焼いてるようでなんとなく可愛く思え笑ってしまいました。中央区S坂で息子家族と同居してますが その家族を訪ねたら何か叔父が留守で皆リラックスしてる気が分かるようでおかしかった!
今日は小雨模様の一日で花粉症も小さなクシャミで小休止。
死海

イスラエル死海にて浮遊体験

あ?うるさい!

3月8日(土)
今日はお天気もよく暖かく感ぜられ私の体の調子もマアマア。先日の黄砂で庭の木々も玄関先も白くというよりは黄色くドロドロ 意を決して植木に水遣りを兼ねて水洗いをした。寒い時は餌をやっても甕の底で動かない金魚も今日はパクパクと口を開けて浮いてきた。
昨日は娘が父親の墓参りをしたいというので墓掃除も兼ねて行って来たが それはそれはどの墓も汚れまくっていいときに行ったものだ スッキリしてその気持ちは今日の掃除に繋がった ついでに今日の午後からは私の頭髪もきれいさっぱり手入れしてもらった。2日にわたりきれいさっぱりの○○家の出来事でした。
・・・ところが夜になって向かいの工事資材置き場がガアガアと動き出し22;00時になっても止まない静かな住宅地 お年寄りはお休みの時間いい加減にしてほしい!

パソコンは使えれど・・・

3月6日(木)
やっとパソコンが難なく使えるようになったのに 使う私が故障してメニエル様のご機嫌をひどく損ねてしまい3日間痛めつけられてしまいました。今までは1日で治まっていたのですが今回は3日間続き とうとう病院で点滴を受けそれでもグズグズとふらつきが取れない状態でした。それでも5日夜は思い切ってヨガをしにスポーツクラブへ行き少しスッキリしてきました。
今日6日は朝フラつきがあったが東京から心配した娘が丁度旦那様がヨーロッパ出張とのことで馳せ参じてくれていて2人で散歩。或る友人から 向かいの家の方がメニエルで蜂の子のエキス粉末を飲んでとても調子よく過ごしてらっしゃる と聞き 午後からは娘のいる間にと思い恐々T神のデパートまで求めにいきました。ついでに可愛い孫の誕生プレゼントをデパートより送り疲れ果てて帰宅。蜂の子効いてくれるといいな?!
ダブルパンチの花粉症 相変わらず目ショボショボ 鼻ズルズル・・・私の苦難はどんだけ?!!

ブログ再開

3月2日(日)
とうとうパソコンの本体を新しく買ってしまいました。これでもうダウンしないでしょう。前のも買って何年も経ってなかったのですが・・・
バタバタしてる間先月初めに10日ほどイスラエルに行ってきました。キリスト教 ユダヤ教 イスラム教 の三大宗教のメッカ それはそれは聖書解説付きで中身の濃いお勉強をしてきました。
もう日が経ってしまい 記録が多すぎて書く気力が萎えてしまいました 何枚か写真を載せます。
新しくなったら今までどうりでは写真が載せることができません 少し勉強します。

FC2カウンター

プロフィール

のんな

  • Author:のんな
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Clock

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

nonnaの小箱

ブログ内検索

RSSフィード

リンク