FC2ブログ
   
02
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
19
21
24
25
26
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅ー6-続き

2月10日
貴族の館を改装したレストランでの昼食
館は大したことなかった。
モロッコ 2009・2 319  モロッコ 2009・2 320
      パンとモロッコサラダ    チキンと鳩肉のパスティヤ(マッシュポテトに肉や野菜が入ってコロッケみたいなものをパイ皮で包んで焼いて砂糖とシナモンをかけてあるもの。 これが皆さんあまり口に合われないようで少ししか食べられなかったが私と色んな国へ沢山旅行に行ってる友人は美味しいとお変わりをして皆から驚かれました。デザートにクレープにチョコがかけて有るものとコーヒー紅茶。
皆さんはお酒がいける方ばかりで昼夜ビールだワインだと毎回よく飲まれます。私はドクターストップ。
フェズの迷路の風景
モロッコ 2009・2 269  モロッコ 2009・2 270  モロッコ 2009・2 271
モロッコ 2009・2 272  モロッコ 2009・2 276  モロッコ 2009・2 281
  入れ歯屋のディスプレイ                          街のいたるところに機織の糸の縦糸を長いのでこの様にして整えてある
モロッコ 2009・2 291  モロッコ 2009・2 292  モロッコ 2009・2 296
モロッコ 2009・2 280  モロッコ 2009・2 305  モロッコ 2009・2 300
  
モロッコ 2009・2 004  モロッコ 2009・2 301

                                               ー続くー





  


スポンサーサイト

旅ー6  地図

2月10日
最初に載せるべきだった地図
モロッコの地図3   モロッコの地図4
今日は1日フェズ観光
フェズは大きく3つの地区に分けられる  フェズ・エル・バリ(古いフェズ)  フェズ・エル・ジェディッド(新しいフェズ)  20世紀のフランス保護領時代に造られた新市街  そしてここは古くから宗教・学問・芸術の中心。モロッコ初のイスラム王朝が置かれ世界で最初の大学が建てられたところ。
9;00  ホテル出発
     王宮  中には入れないが16世紀のモロッコ・アンダルシア様式で建てられ門扉が見事
モロッコ 2009・2 261  モロッコ 2009・2 265
                          
        南の砦の高台から眺めたメディナ
9;45  ブジュルード門=ブロンズの土産店(シルバーのファティマの手のお守りを1個買った。
      イスラエルで買ったファティマの手のほうが上品)
      ブーイナニア神学校(ストで見れなかった)
      タンネリ皮なめし場 みやげ物店に併設された見学の場(臭くて 何も買う物無し)
モロッコ 2009・2 283  モロッコ 2009・2 284
      
11;15 博物館(神学校の代わり)あまり記憶が無い きっと たいした事無かったのだろう。 
11;35 ムーレイ・イドリス2世廟(フェズの創設者ムーレイ・イドリス2世の霊廟)
モロッコ 2009・2 294
     サファリン広場  青銅製品を作る工房が集まっているところ
モロッコ 2009・2 307  モロッコ 2009・2 306  モロッコ 2009・2 308
12;00  カラウイン・モスク  カラウイン地区を建設したファチマという女性により859年造られた大       学 オックスフォードやソルボンヌ大学より古い。モロッコで最も大きいモスクの一つ。
モロッコ 2009・2 313  モロッコ 2009・2 316  モロッコ 2009・2 314
                             
       機織屋 スカーフやショール 布類が織られて販売も遭った一人のツアー客がモデルになってハイ・チーズ
       香料屋  友人に頼まれていたヘンナ(髪を染める為)を買った・・・お土産のつもり
13;00  貴族の館をかいそうしたレストランで昼食
                                             ー続くー

旅ー5 続き

2月9日
エルフィードを出発してホテルの近くの化石工場へ(FOSSELEという)
地中の中から取り出された大理石に色んな化石がはまり込んで 磨きをかけたらツルツルとグロテスクだがきれい。私はブ○ジ○に長年いたので化石類は沢山有りほしいとも思わなかったのでお土産用に少し安いペンダントトップを買った
梅 2009・2 229  梅 2009・2 230  梅 2009・2
いよいよフェズへ向けて長い距離移動が始まった。昨日ズイズ渓谷の話をしたが今日の間違いでこれから行った。それから昼食を食べて又雪の山越えだが越えられないので少し遠回りして高度の低いところを通ってフェズへむかった。ズイズ渓谷
梅 2009・2 233  梅 2009・2 246  梅 2009・2 236  梅 2009・2 237  梅 2009・2 238  梅 2009・2 240  梅 2009・2 241  梅 2009・2 247  梅 2009・2 252  梅 2009・2 253  梅 2009・2 254  梅 2009・2 257
途中トイレ休憩の街は雪の残った山中の暗い街だった。
フェズの町に届く前に暗くなってお天気はいいので月がきれいだった。
フェズのホテルについてバイキング料理で好きな物だけちょこっと食べて早々に寝た。なにせ相棒が○才の方なので・・・お疲れ気味。

旅ー5

2月9日(月)
4時30分 モーニングコール洗面をして日焼け止めを塗って口紅をつけただけで 砂漠の朝晩はとても冷え込むので上下バッチリと着込んで(以前シルクロードのとき乗ったラクダの臭いがパンツについて取れなくて途中でジーンズを洗った経験があったのでそれ以後は作業服売り場で雨用のズボンを買って上から必ずはくようにしている 場所を取らないし雨の時にも便利だし・・)
部屋の相棒さんは小ぶりながらゴルフをされるせいかとても薄着

5時30分 この旅最大のハイライト サハラ砂漠観光と日の出見学へ出発
外は真っ暗 冷気が締め付けてくる。砂漠の入口までバスに乗って30分程走った。
入口には沢山の4WD車(ランドマークが多かった)が待っていて6人ずつに分乗 いよいよサハラ砂漠の点にも満たない距離を走行他の車は決められた安全な道を並んで走っていたが 私たちの車はサービス精神旺盛なのかチップを狙ってか わざとスリルを味わえる道を縦横無尽に走り私達は若い子のように奇声を発して楽しんだ 帰りもそうだった。

メルズーカ砂丘下に到着 私と相棒は2人乗りのラクダを選んだが歩いたほうが良かった気がする。二人で300ディナール又は3000円+40チップ(一人でも300+20)
いよいよ日の出を見る為メルズーカ砂丘をラクダで登り日の出鑑賞地点で待つ事10分弱 お日様は笑って昇ってきてくれました 曇りでなくて良かった。帰りは砂丘下でベルベル人のテントでミントティーをご馳走になり又4WDでバスのところまで・・ 言うまでも無くチップはあげました。
梅 2009・2 201  梅 2009・2 207  梅 2009・2 214

行きは真っ暗で何にも見えなかった砂丘が明るくなってきれいに見え写真パチリ。
砂丘の風紋を取りたかったが奥までいけないので入口の所に小さく出来た風紋をパチリ。
モロッコ 2009・2 220  モロッコ 2009・2 222  梅 2009・2 221
モロッコ 2009・2 224  モロッコ 2009・2 225

8時半 ホテル着 朝食
9時45分 荷物を出して 10時半 出発
今日は一路フェズへ向けて(おおよそ7時間強)
ここでペンを失くして暫くはっきり記したものが無くおおざつぱ
                                       ー続くー






旅ー4ー続き

2月8日(日)
朝4時半起き 簡単な食事が用意されていて 6時出発 ゲートで順番を待つ為の早朝の行動。
峠のゲートでは既に行列が出来ていた。 雪かきの車が作業中で 終わった後先ずワルザザード側の車を通してこちらへ着いた時点で 今度はゲートで待っている我々の行列の車の一部を通すと言う非常に効率の悪いやり方で進められていた。道が凍っていて危なくて一方通行しか通れない状態ー通ってみてよく分かった。
モロッコ 2009・2 118  モロッコ 2009・2 144  モロッコ 2009・2 143
古ぼけた雪かき車と大勢の労働者で雪を路肩に寄せたようだ。
12時20分 反対側の車がひとしきり通って我々の為のゲートが開いた 天気も回復。
皆喜んだ!しかしその後は2200mのティシュカ峠を越えるまで悪夢のようだった。
凍っている道を登るバス普通のタイヤだったのだ。ジャリジャリと不気味な音をたてながら スリップしながら 運転手のフセインさんと助手のモハメッドさんの慣れた掛け合いの行動により谷底に落ちるのでは?と皆シ?ンとしていたがティシュカ峠を越え雪が少なくなった場所に着いた時はフ?ッとため息が漏れていた。フセインさんはすごい!【彼はイスラム教徒で 皆が降りたバスに私一人早めに戻った時彼はバスをメッカの方に向けて停め通路でメッカの方をむいてお祈りをしていた 私は言ったアッラー・アクバルー!神のご加護を!】
モロッコ 2009・2 148  モロッコ 2009・2 150  モロッコ 2009・2 145
写真で見ると道路は雪が無いように黒々見えるが実際は凍ってジャリジャリなのである。
12時55分100mくらい下りたティシュカ峠に着く  何と早い事か この35分のために1日半費やしてしまったのだ。
昨日泊まるはずのワルザザードへ行かず今日泊まるエルフィードへ行く為一寸強行軍で数々の映画ロケ地になったアイト・ベン・ハッドウは中に入らず遠くからながめるだけでがっかり。
モロッコ 2009・2 164 2時  シシケバブの昼食
3時15分  違う道を通ってエルフィードへ 楽しみにしていたカスバ街道
        グランドキャオンまがいのトドラ渓谷は見れなかった
遠くから見たアイト・ベン。ハッドウ
途中トドラ渓谷の代わりに何とも言えないズイズ渓谷(これが?)に寄り一路エルフィードへ
周囲はもう闇の中        シシケバブの昼食
モロッコ 2009・2 167  モロッコ 2009・2 169  モロッコ 2009・2 170
何時間走ったのだろう この辺りは時間のメモを取ってない ホテルに着いたのが遅かったのだけ覚えている。食事をして明日の早朝の為早々とシャワーをかかって寝る。
途中の風景
モロッコ 2009・2 176  モロッコ 2009・2 181  モロッコ 2009・2 192





旅ー4-続き

2月7日
午後1時ワルザワードへ向けてバスは走り出した。スルーガイドのシャキットさんは常に携帯TELで現地情報を入手 アトラス山脈越えは積雪が大で添乗員の細坂さんは悩んでました・・・迂回路を8時間 こんな時だから10時間かけて行くか アトラス山脈越えで普段は2時間 今日はどれくらいかかるか分からないがGOサインを出すか 色んなところへTELをして結局は山腹のゲートは開いているようなのでゲートまで行って見ようと言う結論をだして何も分からない私達一同は手をたたいて喜んだ。
しかし段々山を登り出したら雪が少しずつ積もっていて1000mの場所の ゲートは閉まっていて物資を運ぶトラックや観光バスや住民の車の行列 その渦にはまり込んでニッチもサッチも行かなくなり雪は降るし暗くなり始めたし このバスの中で寝るのかな~と思った時反対車線が少しすいたので強引にゲートを開けさせ進みだした 皆驚いていたが5分ほどノロノロと雪でつるつるの道を行ったところにUターン出来る場所があってそこでUターンをして元のホテルへ帰っていった。ホテルの部屋がそのまま空いていたので同じ部屋番号をもらった。遅い夕食でバイキングメニューだったのでよかった 軽く食べてシャワーを浴びておやすみなさい!
 この写真のころは未だ始めのころで暢気に待っていた。車の列も整然としていたが・・・
モロッコ 2009・2 116  モロッコ 2009・2 117
                                            ー続くー

旅ー4

2月7日
8時30分ホテル出発午前中はマラケシュのメディナ(旧市街)観光
モロッコ 2009・2 076  モロッコ 2009・2 077  モロッコ 2009・2 079  モロッコ 2009・2 082  モロッコ 2009・2 080  モロッコ 2009・2 086
モロッコ 2009・2 094モロッコ 2009・2 092この写真は選挙ポスター用のボード代わりの壁 全て写真をクリックすると大きくなる



バヒヤ宮殿ー19世紀に首相の住まいとして作られ、歴代の首相が住んだバー・アハメド首相が4人の妻と多くの愛人と住んだことで知られている。モロッコのアルハンブラ宮殿といわれている。カラフルナアトラス杉の天井は素晴らしい!
モロッコ 2009・2 096  モロッコ 2009・2 099  モロッコ 2009・2 100

クトウービアモスクーマラケシュのランドマークモスク 12世紀ムワヒッド朝にマンスール王により建てられた
モロッコ 2009・2 036

早めの昼食はチキンタジンとパンとモロッコサラダ
モロッコ 2009・2 109  モロッコ 2009・2 107

マラケシュを出発していよいよモロッコの中央に横たわるアンチアトラス・ハイアトラス・ミドルアトラスの3つの山脈のハイアトラスの2300mの所を越す。4000m近くある山も在る
                                              ー続くー

2月19日(木)
今日は八女の奥の黒木町まで用事ができてでかけた。13時に人と待ち合わせ。
折角だから八女市立花町の観梅祭りが土・日曜に催されると新聞に載っていたので早く出かけて
一人トコトコと小高い丘に登って眺めてきた。途中から雨で誰も居なくて準備のテントなどを設営していたおじさん達とお喋りして焚き火にあたらせてもらった。梅は華やかさが無く静かだが香りは何にも負けない上品な物で独り占めしてきた。シアワセ!
梅 2009・2 425 梅 2009・2 427 梅 2009・2 430 梅 2009・2 433





旅ー3(続)

2月6日
カサブランカから3時間強かけてマラケシュへ
マラケシュは全ての建物が赤い色をしたモロッコ第2の古都。家々の赤 ナツメヤシ オリーブの緑 アトラス山脈の雪の白 ここは豊かなオアシス。
途中の高速道路の料金場
モロッコ 2009・2 029
4時半頃 マラケシュのメディナ(旧市街)のなかにある大道芸人や屋台で賑わうジャマ・エル・フナ広場へ向けて この 名の意味は{死人の集まり}昔公開処刑場だった。広場は雨の為あまり活気がなかった雨も上がりそうだし夜になれば賑やかになるのだろう 夜の次のスケジュールが組まれているのでゆっくりした時間も無く広場をぐるーっと回って出店を覘いてみたがな?んにも欲しい物はなかった。30分ほどの自由時間の後 帰りは雨上がりの空に虹が出ていた。
モロッコ 2009・2 041  モロッコ 2009・2 046  モロッコ 2009・2 042
モロッコ 2009・2 043  モロッコ 2009・2 044
ホテルへ着いて部屋割りの後少し休んで20;15分よりファンタジア・ショーと名物料理クスクスを食べに出発。ベルベル人の色んな種族の男女が入れ替わり立ち代り太鼓や打楽器の素朴な音楽と踊りを披露する中料理を食べていよいよ騎馬戦のはじまり?!
モロッコ 2009・2 052モロッコ 2009・2 059  モロッコ 2009・2 060
モロッコ 2009・2 065  モロッコ 2009・2 064
料理はジャガイモのスープ 鳥のミンチボール タジン鍋のクスクス パン ミントティー  果物 
モロッコ 2009・2 054  モロッコ 2009・2 057  モロッコ 2009・2 062
モロッコ 2009・2 063  モロッコ 2009・2 066  モロッコ 2009・2 067
食後いよいよ馬場のほうへ移動して騎馬戦 素朴さ故照明が暗すぎてよく分からない 最後のほうはダウンを来ている我々の前で裸同然のベリーダンス お?さむ!!
モロッコ 2009・2 051  モロッコ 2009・2 049
帰りは勿論遅かった。
直 ここマラケシュには世界の色んな人の別荘があり
ヒラリー・クリントン  アラン・ドロン  マイケル・ジャクソンの妹ジャネット・ジャクソン  サッカーのジダン  ロナウジーニョ等々










旅ー3

2月6日(金)
モロッコ2日目 いよいよ観光開始
朝から雨 昨日遅かったので今日は少し遅めの10;00時出発
午前中 カサブランカ市内観光
モハメッド5世広場(カサブランカの中心にあり新市街とメヂナの間に位置する)と国連広場(周囲に銀行 劇場 市庁舎 大蔵省などがあるのどかな広場)
ここで水売りのおじさん発見 正面から撮るとお金が要る また他のところで見かけるだろうからその時こっそり・・・
モロッコ 2009・2 011 モロッコ 2009・2 009 モロッコ 2009・2 010
その後ハッサン2世モスクへ  ここではあまり説明は無かった大西洋に続く海が見れたが風雨が強くて荒れ模様
モロッコ 2009・2 012    モロッコ 2009・2 019
昼食後またバスに乗って3時間かけてマラケシュへ・・・雨は続いて 誰かな雨男女?
                                                    ー続くー

旅ー2

2月5日(木)
朝7時起き 朝食を食べホテルの庭を散策 9時50分発シャトルバスにて成田空港第一ターミナルへ
10時40分北ウイングGカウンター集合 添乗員さんは久しぶり男性。
12時40分あれやこれや通過しながらエールフランスの機上の人となった。
.
12時間のフライトで17時30分フランス・パリのオルリー空港着(時差8時間)
ここでトランジットなので決められた待合スペースで3時間半 何度か着た場所なので何処に何があるのか分かって (皆さんDFSや売店でお買い物)買うものも無い私達は暫く空港の中をブラブラとウオーキング。2時間強でまた手荷物検査通関
21時05分が40分ほど遅れて(日本人の他の旅行社の女性が通関場所にリュックを忘れられて取りに戻られて無事ありました!)エールフランスにてモロッコの町カサブランカへむけて飛び立った。
23時30分(時差1時間)カサブランカ着 通関後ホテルへ向けてバスで30分
寝たのは2時半頃だった。

2月14日(水)
今日はバレンタインデー。 何もない私は昨日10日間の旅から帰ってきてゆっくりと朝寝をした。
行った先はひらやブログに書いてある奥様と同じモロッコ。前々から何度も挑戦しかけては駄目になってやっと念願が叶った場所だ。今回の旅仲間はスポーツクラブで仲良くしていたご夫婦とそのゴルフ仲間女性2人と(1人は以前エジプト旅行も一緒し)その姉上が名古屋から東京で合流 私を入れて6名。 それと関東募集なので14名(3組のご夫婦 女友達同士1組 親子2組 一人参加の女性1人 中国人の慶応大学院留学生ぼんぼん1人)の成田合流で計20名。
最初の予定では成田集合が朝8時だったので前泊のホテルを取っていたが1週間前に急遽10時40分に変り 当日でも間に合うようになり飛行機を変更したかったが空席が無く結局前泊  9日の旅程が10日になってしまった。

2月4日(水)
14時40分発JALにて成田へ。宿泊は成田ビューホテル 夕食と朝食のバイキングが旅行会社持ちになった。当日は何事もなくスムーズに行っておやすみなさい
私は最初一人参加でも・・と思っていたがゴルフ仲間の1人が運よく相部屋する人が居れば参加するとの事でモロッコ旅行中一人部屋料金を払わずにご一緒することにした。年齢は私より○歳上。しっかりしなければ・・・!

2月になった

2月1日〈日〉
2月になったが何も変わりなし。
風が強かったので落ち葉が多く簡単に掃き掃除をしたが綺麗になったら今度は細々とした雑草が目立ちこの寒さの中もう草抜きの心配をしなければならなくなった。
しばらくするといよいよスギ花粉の季節になり毎年2月に目のかゆみが始まりだす。歳を取るごとに少しづつ症状は軽くなってきてはいるがやはり辛い時期だ。
夕方用心をしてスポーツクラブでマシーンを使ってウオーキングをした 楽しくは無い。しかし出そびれて暗くなり旅行が近づいてきているので捻挫や怪我でもしたら・・・と。友人曰く今までの貴女だったら出発前日まで目一杯行動して出発の前夜夜なべして荷造りして寝不足のまま飛行機に乗ってそのままグーグー寝ていたのに変る物ね?。そうです メニエル様のご出現で無理できなくなっているのです!
夜10時(台湾では9時)台北からSKAYPEが来た。沖縄へは台湾の旅行会社のクラブメッド利用で台湾の人達とチャーター便で来たそうな。パパは仕事でママとチビだけだったそうで子供は子供の色んなお遊びメニューが組まれていて楽しんだようでした 夕食の時大人が舞台で色んな踊りを披露してくれチビも一人で踊ったので○○太○○太と皆から可愛がられ楽しかったと話していました。よかったよかった!

1月の終わり

1月31日(土)[emoji:v-277]
あ?あ1月も今日で終わり早いものだ。生産性の無い私は人の行動を見ながらすごいなあ?と感心するだけで何の変化も無く過ごしている。
今日も風が強く吹いていたので家の中でゴソゴソと動き回って廃品回収の準備や車庫の掃除やあまり書くにも足りないような事をしてウオーキング前の4000歩弱。 風が治まりかけた夕方ウオーキングへ出かけて一時間 帰りは汗が出てきて上着を脱いでマスクも取りたかったがガマン。
家へ帰るとヤ○○電気から注文していた部品が入荷したとの留守電。 何を注文したかというと 万歩計の電池の蓋の部分 いつの間にか失くして暫くビニールで包んでガムテープでぐるぐる巻きで使っていたので不便ですぐさま取りに行った。機能がいろいろついた娘夫婦からのプレゼント 大事にしなければ・・・
1月はメニエル様の事を書かずに済んだ。何度か足音が近づいてくるような時もあったがどうにか耐えた。
2月もこのまま元気で花まるで居たいものだ!

FC2カウンター

プロフィール

のんな

  • Author:のんな
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Clock

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

nonnaの小箱

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。