09
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
14
15
17
19
21
22
23
24
26
28
30
   

アレー?痛い!

9月29日(火)
今日は何となく蒸し暑い一日だった。
朝 起きてみると右手首が痛い 14?5年前にも1年間ほど整形外科に通った経験がある
今回はそこまでないが 痛い!引き出しの奥からサポーターを取り出して 午後薬屋へ出かけて
キネシオテープとテーピングのテープの2種類を買ってきて 先ずキネシオの方を巻いた
巻いていると手首を動かす仕事には楽になったしキネシオのほうが自由に動かせる。
あまりゴトゴトと手を使わないように今日は静かにしていようと読みかけの本を開けた
マア!本の間からアラスカで押し花にした花が出てきた すっかり忘れていた!
きれいに乾燥してそのままに色が残っている
英国旅行2009・5.27?6・5 605もう少しこのままにして他の本に移し何かに利用しよう。

ピンピンコロリ

9月28日(月)
この所 親戚縁者・知人の間でお目出度い話しを聞かない 聞くのは人の病や弔いの話ばかり
私の親類にも80歳以上がズラリと控えている。 
現に母と同じ年の一人がお葬式だった。
私の友人の母上も私の母と同じ歳で 精神構造が随分とあっちの方向へ飛んでいってあったがやはり数日前亡くなられた。
母の家の周りの同世代は亡くなられたり老人医療施設に入ってらっしゃったりで母が一人残っているだけだ。
それだけ高齢者社会なのだ。
世の人々のこの世との別れ方の憧れ“ピンピンコロリ”・・・これは中々難しいが 老々介護の時代
私達もそうあるように する側もされる側も望むものである。

きょうのウオーキングは鹿○公園周辺
雨が降ったり止んだりの変なお天気   池の蓮の葉は水滴で輝いていました。
英国旅行2009・5.27?6・5 606

娘のオバサン化

9月26日(土)
日曜日に帰る予定が旦那様からの用事の呼び出しがあって土曜の今夜娘は帰っていった。
自由をさせて貰っているので そういうところは素直にしているようだ。
帰るに当たって まるで運び屋のオバサンになって 明太子の家庭用・おきゅうと・長崎ゴマ豆腐
玉子(つまんでごらん)・私の叔母が作った味噌種の昆布(この昆布が刻んで食べると美味しい)入り味噌・高菜漬け・野菜類・お好みパン屋さんの食パン 保冷剤と保冷袋でしっかり包み 玉子やパンは手荷物で。空港迄送っていってサヨナラしたので分からないが 未だ何か仕入れると言ってたのできっとすごい状態になったと思う。
娘は中・高の6年しか福○に住んでない それも部活に明け暮れて食については胃袋が満たされれば良い状態 今になってお魚やご当地産の物に興味が出てきたようだ。

料理の一品に緑豆の芽(よく買うが袋に書いてあった呼び名を思い出せない 明日調べてこよう)と言うか・・・それを切って炒めて食した
豆の部分を水栽培したら切った所から芽が出てきて瞬く間に伸びてきてる 又頂けるようになる
英国旅行2009・5.27?6・5 603

ご無沙汰の日々

9月24日(木)
何故だが分からないがひどく眠たくて毎日ブログを書くことが出来なかった。
1週間ご無沙汰の日々でやっと回復したかな?と思うが 
21日の夜にシルバーウイークで嬉しい事に娘が来てくれた
こうなると又張り切ってあちこち出掛けたくなる。
普通だったら婿と一緒に姑さんを訪ねろと断るのだが19日・20日ちゃんと
お手伝いに泊りがけで行ってきたとのこと 私も遠慮なく喜ぶ事にした。
敬老の日は高速が大渋滞と予想して母にはTELだけにして他の日に行くことを約束
娘もお土産を持ってきてるし しばらく仕事をしたのでおばあちゃまにご馳走をしたいと
23日朝の内に出かけたが連休最終日でか高速は混んでなくスイスイと・・・
お寺さんへ連れて行ったり 墓参りしたり 近場をドライブしたり 道の駅も。
夜は娘の招待で母と私はご馳走になった。

24日の今日は私の希望で大分県竹田市直入町の長湯温泉日帰り入湯と
57号線を行った荻の里温泉の側の七つ森古墳に咲いている彼岸花群生 
白水鉱泉での炭酸泉汲み(無味無臭)満足の1日でした!
英国旅行2009・5.27?6・5 573  英国旅行2009・5.27?6・5 574  英国旅行2009・5.27?6・5 580
白水鉱泉の水汲み場横の温泉水の流れ  長湯温泉の川原のがに湯  
英国旅行2009・5.27?6・5 597  英国旅行2009・5.27?6・5 600  英国旅行2009・5.27?6・5 568
ラムネ温泉               温泉の湯船                        野の花
英国旅行2009・5.27?6・5 584  英国旅行2009・5.27?6・5 593  英国旅行2009・5.27?6・5 581
七つ森古墳の彼岸花
英国旅行2009・5.27?6・5 569英国旅行2009・5.27?6・5 570英国旅行2009・5.27?6・5 562
英国旅行2009・5.27?6・5 561英国旅行2009・5.27?6・5 560英国旅行2009・5.27?6・5 559
野の花






久々仲良しさんの家へ

9月19日(土)
お互いに主を亡くした仲良しの友も私も 子供達は夫々に自分達の家庭のことで忙しく連休は二人ともソッポを向かれている。ならば二人して過ごそうと 連休後半は彼女が生徒さんのピアノの特別レッスンを入れているし、私も敬老の日・秋分の日は都合が付かないので今日私が訪ねた。香○浜に電気店のアウトレットが新しくオープンして 一寸欲しいものがあったので序でに覗いてみようという話にもなった。
何だか高速は混んでるようだし何時も使うイ○ンの駐車場も休日は満杯らしいので ならばバスで一度行ってみようと我が町を路線バス300円で出発した。
天○Mデパートまえで降りて地下街を歩き中央郵便局の前から都市高速経由の360円でバスに乗り ものの10分で着いた。彼女がバス停まで迎えに来て二人してイ○ンの中の中華屋さんでじゃーじゃー麺のランチセットを頼み話に夢中になりながら食した。
話題はもう一人の仲良しさんのご主人の病気が手術を要する話、彼女のイタリアに住んでる娘の家族の話、もう一人の市内に住んでる娘の家族の話、私の方も同じく娘や息子の家族の話など・・・
その後買い物をして彼女の家へ   パソコンにイタリアの向こうのお父さんから送ってきた写真類を見せてもらったり ソファーに横になり喋っているうちにうたた寝をしたり お茶したり すっかり寛いで
夕方6時過ぎ帰りの途についた。
私が病気をする前は“後家同士でどこかいくか!”と良く遠出をしたが この頃は安易な場所ばかりだ。でも仲良しさんはいいものだ。

パスポートが更新出来た

9月17日(木)
昼から天○のパスポートセンターへ17日出来上がり予約のパスポートを取りに行った。
10年物を取ったが このパスポート楽しく使ってしまえるかな?とついつい思ってしまう。
楽しく使おう! 絶対使おう!元気でいよう!”と一人で声を張り上げた。教授に言わせると”貴女みたいな人が長生きするんだよ”と勇気付けてくれる。
仕舞っているパスポートも出してみたら6冊になっていた。大判の赤いパスポートは海外在住時
現地の日本大使館で更新したため赤になっている。
最初の青と次の青との間は2年ほどブランクが有り 最初のは中を見るとデーターが今のように簡単な半ページに集約されたものではなかった。
亡くなった夫の物も有り今回のVOIDになったのと一緒に取った最初のページに2000年2月9日?13日のサイパンへの出入国の印がポチョンとおしてあった これが海外最後となり その年にお空へ単身赴任してしまった。
新しいパスポート 最初の国の印はどこかな?
英国旅行2009・5.27?6・5 540


アラスカ旅行

9月15日(火)
タルキートを発ってアラスカ鉄道にてデナリ国立公園へ
この鉄道はアンカレッジ?フェアバンクスを7時間30分かけて1日1往復している。 展望車1、食堂車1連結。私達は途中の駅から乗った事になる。
ゆっくりとしたスピードで4時間半かけてデナリ着。
朝焼けマッキンリー山       アラスカ鉄道マッキンリー号      車窓から   
アラスカ2009-9 (66)  アラスカ2009-9 (78)  アラスカ2009-9 (86)
車窓からの眺め           公園のバスに乗り換えての眺め   デナリ公園からのマッキンリー
アラスカ2009-9 (101)  アラスカ2009-9 (95)  アラスカ2009-9 (109)
崖に群れてるドールシープ   グループのアラスカ鉄道の食堂車で昼食風景
アラスカ2009-9 (115)  アラスカ鉄道
ここから公園内は自然を大事にでシャトルバス(人間のゴミを野生動物に覚えさせない為・伝染病予防の為)これに乗り換えて大自然を見学。遠くにはイヌワシ・ムース・グリズリー・カリブー・ドールシープ・リスなどガラッキーにもみれた。
この後夜は2日間オーロラツアー
夜10時から郊外の真っ暗な空のロッジでオーロラを待ったが1日目は暖かすぎて何もなし
2日目午前中はフリータイムでわれ等の仲間は大型スーパー・アラスカ縦断原油パイプライン(北極海沿岸のブルドーベイから南のプリンスウイリアムズ湾沿いにある北米最北の不凍港バルデイーズへ1300キロ縦断して延びるパイプライン・アラスカ大学博物館・サンタクロースハウスを回る市内観光
夜10時から又違う場所のロッジで眠たい目をこすりオーロラの現れるのを待った。出そうな感じだが・・・
しかし午前2時案内人とバス運転手の労働時間外になるので 残念だが皆バスに乗った。
2人男性行方不明。(本当は出そうなので隠れてたそうな)5分ほど探しているとキャ?ラッキ?!!!空にはブルーとグリーンのオーロラが色んな形に変わりながら・・・
もう こうなったら添乗員さんも案内のマイケルもサービス精神丸出し!しばらく見とれてバスの中。
ホテルへは4時でした
写真は残念ながらデジタルカメラでは無理だそうで 一眼レフの方に頼んでます。
次の日の朝7時起床13;10発の便にて帰国の途へ
アラスカ2009-9 (125)  アラスカ2009-9 (134)  アラスカ2009-9 (139)
サンタクロースハウス        オーロラツアーのロッジでグリズリーの毛皮を着た私
アラスカ2009-9 (141)  アラスカ2009-9 (144)
  往復の機内食
アラスカ2009-9 (2)  アラスカ2009-9 (146)



アラスカ旅行

9月13日(日)
この所夜が眠たくて駄目でブログが書けないで居る 時差かな?
最後の2日間オーロラを見るのに4時ごろ就寝が続いた為(朝は6時起き)超寝不足で 
その上3日目にマッキンリー山の朝焼けを見るため私達のツアーグループは誰も起きてなかったが一人こっそり起きて震えながら美しい朝焼けを眺めていた。

最初の日の夕食はアラスカ名物のダンジネスクラブ。両手のひらを合わせた位大きな甲羅のカニで甘くて味噌だけでも満足した位美味しかったが皆さんの快食に比べて何と私の頼りない胃袋か!全部平らげる事が出来なかった。・・・・と言うより皆さんの食事のペースが速くてお開きのとき私は未だカニと格闘中だった。いい加減に食べればいいものを。
アンカレッジ泊で眠りに付いた。

アラスカ2009-9 (32)

2日目は200?離れたタルキートナの町へ。
スシトナリバー他3つの川の合流点でゴールドラッシュの時代船着場として栄え 又マッキンリー山への登山基地であり 6,194メーターの山頂を目指す為ここから小型飛行機で2、134メーター地点まで行きそこから入山する場所でもある 植村直己さんもここからマッキンリーに旅立ち帰らぬ人となった。ここには植村さんも泊まった簡素な山小屋風ロッジがあり 彼の写真も残されていた。
ここでスシトナ川のジェットボートクルーズ。船の中からマッキンリー山を眺め 昔猟をする人の住んでいた家を見て回ったりの1時間半のクルーズ(我々のツアーグループ20人とオーストラリアの老人グループ約20名)
夜は参加者の83歳と80歳のご夫婦の年違いの同月日の誕生日に当たりケーキとハッピバースデイの歌で祝った。
アラスカ2009-9 (43)  アラスカ2009-9 (44)  アラスカ2009-9 (46)
アラスカ2009-9 (53)  アラスカ2009-9 (70)  アラスカ2009-9 (72)
アラスカ2009-9 (73)  アラスカ2009-9 (55)









アラスカへ

9月10日(木)
旅行会社の友人に誘われてアラスカへ出かけてきた。
昔 飛行機はアンカレッジ経由が多かったが 飛行場を良く利用した私は どのように変わってるか興味深々であった。 その当時飛行機を降りるとトランジットの待合室は向かう途中からもう匂いプンプンのうどん屋があった そして大きな剥製の白熊が迎えてくれた・・・が今は きれいな広い空港に変わり白熊は居たが違う顔の剥製で隣にはブラウンベアが並んでいた もちろんうどん屋は見当たらなかった。アンカレッジは雨模様で バスには日本語の上手なスルーガイドのマイケル青年が乗り込んできた。これから3日分の水やお菓子や少しの必要なものをスーパーへ買い出しに行っていよいよ4時間半の26氷河クルーズへと出発。
氷河は南極で大きいきれいなのを見ていたので差ほど感動なし。しかし温暖化で昨年まで氷に覆われていた島が黒い岩肌だけになっているのを見たときは”何とかせんとあかん!”と本気で思った。色んなレクチャーがあって温暖化の深刻さが伝わってきた。
英国旅行2009・5.27?6・5 562  英国旅行2009・5.27?6・5 560  英国旅行2009・5.27?6・5 563
あまりきれいな氷河ではなかったし寒さが格段違う南極とでは比較できないものである。
私の目的はデナリ国立公園 これはこれで皆さんの感動にお任せしておいた。
船の中で飾ってあったアラスカの時期の花々と知り合ったユニークな髪をした青年

英国旅行2009・5.27?6・5 553  英国旅行2009・5.27?6・5 566


秋に向けて?

9月1日(火)
昨日12時過ぎブログを書いたがアクセスガ集中していてなかなか更新できず 結局出来ず仕舞いで消してしまった 眠たいのもあったが。

今日から9月 秋に向けて準備中の月である。
庭の木々には例年に無く沢山のくもの巣が・・・取ってもとっても次の日には見事な模様が。
秋に向けて蓄えの準備かな?
英国旅行2009・5.27?6・5 533  英国旅行2009・5.27?6・5 534

向かいの建築中の家は 先日の日曜日の続きが始まって8時から11時過ぎまで 太めの人間の体位の丸太11本を土の中に打ち込んだ 土が流れるのを防ぐ為だそうな。
すごい音で地響きがしていたが やっとこれで少しは落ち着くかな?
しかし又何かの材料が沢山運ばれてきた 未だ重機もそのままだし・・・さてさて 
英国旅行2009・5.27?6・5 536

FC2カウンター

プロフィール

のんな

  • Author:のんな
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Clock

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

nonnaの小箱

ブログ内検索

RSSフィード

リンク