FC2ブログ
   
11
1
2
4
6
7
9
10
12
13
16
18
19
21
23
25
26
27
28
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ旅行ー13

11月28日(日)
が中々言うことをきいてくれなくて重たい。
時間がかかるので 嫌になってブログ等々ストップ。
何日かぶりで開けているが 来月私の都合の良い時に先生にリカバリーしていただくことにしているのでそれまでは叱咤激励して頑張ってもらわねば!

9月22日(水)
2連泊のミュンヘンを後にして バスで185km先のボーデン湖に浮かぶリンダウの街へ。
ライオン像が見守る港や壁画が美しい旧市庁舎など見学。
その後湖をフェリーで横断し 花々の町と言われるマイナウ島へ
昼食後マイナウの町を散策 沢山の花の中を歩きました。特にダリアの花が咲き乱れていてパチリ パチリ!
午後 遠く黒海まで流れるドナウ河の源 ドナウの泉(ドナウエッシンゲン・全長2480km)を訪ねその後
黒い森を通り 夜にフライブルグへ。
ドイツ周遊旅行 482  ドイツ周遊旅行 488  ドイツ周遊旅行 495
ドイツ周遊旅行 498  ドイツ周遊旅行 499  ドイツ周遊旅行 502
ドイツ周遊旅行 504  ドイツ周遊旅行 508  ドイツ周遊旅行 509
ドイツ周遊旅行 511  ドイツ周遊旅行 512  ドイツ周遊旅行 513
ドイツ周遊旅行 514  ドイツ周遊旅行 515  ドイツ周遊旅行 516
ドイツ周遊旅行 517  ドイツ周遊旅行 518  ドイツ周遊旅行 519
ドイツ周遊旅行 520  ドイツ周遊旅行 524  ドイツ周遊旅行 523
ドナウの源泉の池           底から湧き出ている水      小さな流水口
ドイツ周遊旅行 525  ドイツ周遊旅行 532  ドイツ周遊旅行 539
斉藤茂吉も訪れたようで歌碑があった   黒い森        フライブルグで見た食後の月
















スポンサーサイト

平凡な日々

11月24日(水)
朝からお日様は元気。
雨戸を開けると緑と紅葉とのまだらの彩りが目に飛び込んで来る。
しかし雑草も目に付く。
昨日2時間ほど草抜きを頑張ったので マア大まか掃除した感じには見える。
昼は娘が信州から送ってくれたお林檎と頂き物のドーナツ甘酒とですます。
昼からは予約していた美容院へ。
これでお正月過ぎまでOK。お正月は何処にも行かないので別に飾ることもない。
忙しい暮れはなるべく事を省きたい。
明日はお天気は??の状態だが香○の仲良しさんと同じ所に住む彼女の友人と3人で糸島半島へ出かける事にしてる。だいぶ道を覚えたが 未だ不安な所も有り牡蠣小屋まではOK その先は・・・歩く訳ではないので間違いながらも狭い糸島 いつかは目的地に着くだろう。
大体大まかな人間 毎日がこんな感じ。
明日は楽しもう!

9月21日(火)?12
ノイシュヴァンシュタイン城のあと私はNHK・ハイヴィジョンで見ていて楽しみにしていたオーバーアマガウの街へ行った。
10年に1度(昔ヨーロッパでコレラが流行ったときこの街は難をのがれた。これを感謝してイエスキリストの受難劇を5000人の街の住人が全員でやりだした)のキリストの受難劇が正に今年行なわれている。昼夜を通して町人全員が何らかの役割を持って参加している。切符も時間も無いが其処にいけるのはラッキーだった!
又この町はいたるところの家の壁にっフレスコ画が描いてあり楽しい可愛い町だった。
ドイツ周遊旅行 455  ドイツ周遊旅行 466  ドイツ周遊旅行 467
ドイツ周遊旅行 457  ドイツ周遊旅行 458  ドイツ周遊旅行 459

ドイツ周遊旅行 462 ドイツ周遊旅行 463  ドイツ周遊旅行 464
ドイツ周遊旅行 468  ドイツ周遊旅行 471









今日はテレビっ子

11月22日(月)
今日は「いい夫婦の日」だそうです。残念ながら夫婦と言う文字に当てはまらない立場ですが・・・
朝10時から夕方5時までBSハイビジョンで「南米大陸一周165日」改造したトラックで人種を超えて年令も様々の人たちの過酷ではあるが楽しい旅のドキュメント。以前アフリカを放映していたので 今日はハマッテ見る事に・・・歴史・お勉強 と言わなければ南米は本当に魅力的な旅が経験できる所 単純な私は大好きです。
エクアドルのキトを出発してチリ・ペルー・ボリビア・パタゴニア地方の太平洋側を旅して 最南端のアルゼンチンのウシュアイアまで それから大西洋側へ出てアルゼンチンからイグアスの滝・ブラジル 今ここまで放映され 途中です。ヴェネズエラが最終です。費用は140万円(宿泊費(半分以上はテント泊・ホテルではなくロッジ泊)・食費・諸々の交通費)日本からの諸経費・往復飛行機代は入っていない 途中からの参加もOK 。日本の若い女性が一人参加していた。
私はこのベネズエラのギアナ高地・ブラジルの南北パンタナール・白砂漠レンソイス(白いシーツ)へ行きたいと思っているが体力が・・・と言うよりもメニエルが出ないか決断しそびれている。
多分主治医は他の持病からも“ノー!”と言うだろう。
何か日本の旅行社もこんな企画は無いのかな もっと短くして陸路で・・・
船は結構あるようだが。
未だ集中してTVの続きを見よう。

ドイツ旅行12-続き

11月21日(日) 
昨晩 ベッドの中でTVのフィギィアスケート・ロシア大会フリーの演技を観ていたらいたら気管支に唾液が入ってしまい咳が止まらなくなって難儀をしたが すっかり目が冴えて夜中の3時ごろまで眠れなかった。
したがって今朝は9時まで寝坊。8時には目が覚めて関口宏のサンデーモーニングをぬくぬくとベッドの中で見ていたが・・・
年賀状も構図を練っているが 今年は気が乗らなくて取り掛かる気にならない。
100枚の年賀ハガキとお習字で書く和紙のハガキと・・・・わあ??70歳になったら減らそう!

昼からブラリと天○へ。 お歳暮の配送は既に頼んであるし服飾雑貨を買う気もないがIデパートとDデパートの今年切れる残りのお買い物ポイントが夫々6?7000円有り 特にIデパートはカード会社が変わって古いカードに付帯したカード会社を中止にしなければ何時までも年会費を取られるので止めてしまわなければならなかった。ポイントも使わねば無駄になってしまうので出かけた。
Iのほうは 半年有効のお買い物券に Dのほうは地下食品売り場で使って インキューブを物色して帰ってきた。
メニエルが治まって普通の生活が出来 こんな楽しみ方が出来るって嬉しいものだ。

9月21日続き
ヴィースの教会に感動して(本当に感動した!)次はあの有名なシンデレラのモデルになったお城・新白鳥城と言われるノイシュヴァンシュタイン城へ。
その前 ルードヴィッヒ2世が少年時代をすごしたノイシュヴァンシュタイン城も遠望できるホーエンシュヴァンガウ城を外から見学。
遠くから眺めるノイシュヴァン城は森に囲まれた高台にある優美な白亜のおとぎの国を連想させる城であった
・・が 側で見る城はコンクリートの壁に包まれた城のようだった。
階段をエンヤコラとかなり登るが 内装の素晴らしさは金(きん)をかなり使ってそれはそれは「もうお腹一杯です ごちそうさま」と表現したいようにバランスのとれたゴテゴテした装飾で絢爛豪華・魅力的でした。
ルードヴィッヒ2世がフランスのヴェルサイユ宮殿を訪れ 自分の「夢の城」建設を思い立ち 政治には関心を示さずワーグナーの歌劇「ローエングリーン」の世界にのめりこみ ワグナーを呼び寄せ築城とワグナーに情熱を傾けた。
国が傾くほどの散財に 即位22年後精神の病を理由に王位を剥奪されベルグ城に幽閉され次の日シュタルンベルグ湖畔でなぞの水死。
城内に人工の洞窟を作り舟を浮かべて劇場で演奏されるワグナーの音楽を聞き入ってた。洞窟は撮影できた。
洞窟に入るとローエングリーンのあの素晴らしい曲が音響効果のいい洞窟で効果の素晴らしいスピーカーで流れていたが 私は鳥肌がたって仕舞うほどその場に酔ってしまった。
城は撮影禁止
ドイツ周遊旅行 439 ドイツ周遊旅行 437 ドイツ周遊旅行 444
ドイツ周遊旅行 453 ドイツ周遊旅行 478 ドイツ周遊旅行 480



ドイツ旅行ー12

11月19日(金)
パソコンが重たくて何をするにも一仕事やってキーをたたいたりマウスをクリックしたりしないと動かなかった。
言い訳がましいがブログを書くのにやたらと時間がかかってやる気が無かった。
今日簡単にリカバリーをしてもらって 来月マウス君に預けて本格的にやってもらうことにした。
未だ重たいが幾分解消したのでブログを書いている。
ドイツ旅行のブログが未だ少し残っているが 頑張って書こう!

9月21日(火)
今日は終日フリータイム
オプションでどうしても見ておきたかったヴィースの教会(ヴィースとは牧草のこと)
ヴィース教会に安置されてる「鞭打たれるキリスト像」は聖体行列のために作られた物だったが やがて屋根裏部屋にしまいこまれた。1738年その聖像を哀れに思った農婦マリヤ・ロリーが像を譲り受け熱心に祈りを捧げた。すると6月14日土曜日木造の顔に涙の様な幾つかの雫が発見され「ヴィースの奇跡」の話しが広まり国内外から大巡礼が始まる事になった。
それまでの教会では手狭になり新しい教会が建設され多くの巡礼を迎えている。
1983年世界遺産に登録される。
何の変哲も無い外観だが 内部ロココ調の最高峰といわれている。
ドイツ周遊旅行 436  ドイツ周遊旅行 429  ドイツ周遊旅行 430
ドイツ周遊旅行 431  ドイツ周遊旅行 432  ドイツ周遊旅行 433
ドイツ周遊旅行 434  ドイツ周遊旅行 435

次は白鳥城と言われているノイシュヴァンシュタイン城
これは時間が要るので明日に回そう。




ドイツ旅行ー11続

11月16日(火)
今年はお炬燵を使おうとあまりいいお天気でもないが陽は射していたので炬燵敷きと布団を干して風通しをした。
なんかお炬燵に入って脚を暖めて蜜柑やお茶等を飲むのって私のノンビリ気分に合ってる。
夜パソコンも腰掛けて脚が寒々するよりいい。
以前はよく使ったが 一人になって出すには出すがヒーターを入れずに飾りみたいなものだった。
この冬は少し和の生活をしてみよう。

9月20日(月)
ローテンブルグのクリスマスグッズ店でお買い物をして少し時間がオーバーしたが 昼食を食べて何の差し障りも無く次のニュールンベルグへ。
それ前にローテンブルグでは「市壁」と呼ばれる街を守る為10世紀に築かれた石の壁。壁の上には木の通路が有り街の内側が一望できる ここは階段を登るのが危なくて皆さんパスの方が多かった。
  市壁                                
ドイツ周遊旅行 395 ドイツ周遊旅行 393
 
ニュールンベルグではカイザーブルグ城や広場にある美しの泉(中央広場にある40体の彫像が飾られている)・デューラーの家を見学
 聖ロレンツ教会           美しの泉          デューラーの家
ドイツ周遊旅行 405  ドイツ周遊旅行 407  ドイツ周遊旅行 401
カイザーブルグ城は何故か写真に撮ってない。
ミュンヘンへ向けて166km
途中 トイレタイムで寄ったガソリンスタンドのショップでビールの素ホップがリースとして飾ってあった 
ドイツ周遊旅行 410  ドイツ周遊旅行 411
ミュンヘンは丁度オクトバーフェスト(ビール祭り)が始まったばかり。
しかし始まって2日目だから 半月あるので未だ盛り上がりに欠けてた
ドイツ周遊旅行 417  ドイツ周遊旅行 418  ドイツ周遊旅行 422
ドイツ周遊旅行 419  ドイツ周遊旅行 426  ドイツ周遊旅行 425
ドイツ周遊旅行 424  ドイツ周遊旅行 423  ドイツ周遊旅行 428
大道芸人(私と旅で仲良くなった人は何処でもチャリンと・・)  ミュンヘンの町の日本食屋のメニュー
この日はこれでミュンヘンのホテルでお泊り。



落ち葉と根競べ

11月14日(日)
このところ毎日門から玄関へのアプローチが風によって落ち葉の吹き溜まりになっている。
昨日掃いたのに・・・と毎日思うがやはり掃除してしまう。
庭のほうは目をつぶって何日も放りっぱなしにしているがアプローチのほうは石畳なので目立つ。
根競べだ。
今日は○岡市長選挙の投票日 夕方からウオーキングに行きながら投票してきた。
夜現在36歳の新人 オチャラケアナウンサー出身の高○氏が当選 不安を感じる人選だが頑張ってもらうしかない。
ウオーキングの最中夕日が沈み始めてとても綺麗だった。
今 コーヒーマーケットの半額販売ウイーク お正月まで持つように200gずつ豆のまま色んな種類を沢山買ってタッパーで冷凍保存した。
私には欠かせない嗜好品 酸味が少ないのが私のお好み。
ドイツ周遊旅行 045  ドイツ周遊旅行 046

秋深き

11月13日(土)
昨日今日と黄砂が飛来していて 我が家の窓から油山が見えない。
洗濯物など外に干さない方が良いとTVで忠告していた。
秋のこの時期に何たることぞ!
天高く・青空・澄み渡る空気・・・の季節と思っていたのに。
そんなに大陸は砂漠化してきているのか?偏西風が吹き荒れたていたのか?

久しぶりで○池公園へウオーキングがてら出かけてきた。
土曜日でもあるから少年野球の試合があってて 親御さんたちのパワーが周囲を取り巻いてた。
そんな中ひたすら歩いてきたが 秋の紅葉がきれいな時期 横では夏のヒマワリが咲いていて何か受け入れられない気分だった。
そのまま自○○試験場のほうへ歩いていったが其処の桜の木の紅葉が真っ赤で可愛らしくパチリ
秋は深まり始め 気持ちよい時期だ!
ドイツ周遊旅行 044  ドイツ周遊旅行 043

ドイツ旅行?11

11月11日(木)
昨日15時 補聴器店で掛かりつけの医者に補聴器を着けたらどれくらい聞こえているか報告するための検査をした。good!
補聴器の着装がなかなか難しくて 急ぎ時は難儀する。私の耳道が細くて少し曲がっている為 
一番大事な先端の音口が皆さんのように中まで入れられないので浅い位置で設定してある 音口を塞がない様に着装するのが大変なのだ。

帰りに 寒くなった今なんで?と思われるかもしれないがジンジャーエールの作り方をパソコンで検索していたので作ろうとDデパート地下食品売り場でシナモンスティック・粒グローブ・ザラメ砂糖・レモン・(家にあるもの生姜・鷹の爪・炭酸ソーダ)を買った 夕食の準備はしていたがお腹がすいて仕方が無かったので ここでお茶したら夕食が不味くなると それならば食べて帰ろう。食べましたよイタリアン。 しかし夜 外食の濃い味にどれだけの水を飲んだことやら・・・!
11日の今日 作りましたジンジャーエール
スプーン大2杯を炭酸ソーダで希釈して飲んだら  来年の夏は・・・・
原液で冷蔵庫で保存
今晩の食事は昨日のメニューそのまま 楽だな?!
ドイツ周遊旅行

9月20日(月)
朝バンベルグを出発 100km先のヨーロッパ最大級の壮麗な建造物があるヴュルツブルグへ
建築家・ノイマンの一大傑作といわれるバロック様式のヴュルツブルグ司教館(世界遺産・レジデンツ宮殿と呼ばれる)を見学
とても大きな宮殿であったが 丁度ハリウッド映画の“三銃士”の撮影が行なわれていて 部分的にしか見ることが出来ないし内部は撮影禁止。
主演男優は“トロイ”などに出演していたオーランド・ブルーム。
中世の衣装を着けたその他大勢が撮影してた。
赤い垂れ幕やカーペットはそのためのもの。
ドイツ周遊旅行 375  ドイツ周遊旅行 378  ドイツ周遊旅行 376
ドイツ周遊旅行 377
その後お待ち兼ねの日本でも有名なローテンブルグ(68km走行)
マルクト広場の市庁舎・仕掛け時計のある市議会宴会会館を見て・有名なお楽しみのクリスマス雑貨店
可愛い仕掛け時計もそこそこにクリスマスショップへ。
ここの旅行社は元々お買い物に当てる時間など無い旅行者社なので一寸の暇を見つけて走って即決でお買い物をしなければならない ここでもそうである。クリスマスツリーのレースで編んだ下げ物をごっそりお土産に買ったが
支払いカウンターが何台もあるがすごい行列でここだけは集合時間に遅れてしまった。集合しなければ出発はしない・・・と慌てることもなかった。
ドイツ周遊旅行 380  ドイツ周遊旅行 384  ドイツ周遊旅行 383
ドイツ周遊旅行 386  ドイツ周遊旅行 389  ドイツ周遊旅行 390
ドイツ周遊旅行 391  ドイツ周遊旅行 042





11月7日(日)
このところ植木の整理や庭掃除・草抜き・家の中の整理などで一日がアッと言う間に過ぎてしまう。
12月に入ってバタバタしたくないと言う思いがあり少しずつ動き始めているが 今年は障子張替えをパスしようと決めた。
今日も納戸に入り込み衣類や雑貨のスリム化をチョッピリした。なかなか処分できない沢山の着道楽の夫の物 息子達の衣類雑貨 娘の在アメリカ時代の細々したもの等・・・触れないので一向に減らない。
頂き物など今年も惜しげなく大分バザーに出した。今あるものから増やさないよう努めているのだが。


9月19日(日)
アイゼナハの町
エアフルトのホテルからバスで60km チューリンゲンの森の北西部アイゼナハへ
町の丘の上に建つヴァルトブルグ城へ(タンホイザーの「歌合戦」を描いた大広間やエリザベートの間など見学)旧市街のバッハの生家・ルターの下宿を見学
大広間                                
ドイツ周遊旅行 292  ドイツ周遊旅行 293  ドイツ周遊旅行 295
エリザベートの寝室
ドイツ周遊旅行 298  ドイツ周遊旅行 299  ドイツ周遊旅行 307
ドイツ周遊旅行 308
バッハの生家               バッハの銅像                 ルターの下宿
ドイツ周遊旅行 315  ドイツ周遊旅行 316  ドイツ周遊旅行 323

昼食後250km走って戦渦をまぬがれた中世の家並みが現存する「小さなベニス」と称される水の都バンベルグへ
ドーム広場(大聖堂・新旧宮殿)  ヤニグレッツ川の上に建てられ旧市庁舎・ベニス地区
美しい街並みを散策そしてホテルへ
ドイツ周遊旅行 334  ドイツ周遊旅行 337  ドイツ周遊旅行 353
川の上に建てられた旧市庁舎

ドイツ周遊旅行 355  ドイツ周遊旅行 350  ドイツ周遊旅行 354
              昔・船の荷物をあげ降ろしするクレーン
ドイツ周遊旅行 363  ドイツ周遊旅行 365  ドイツ周遊旅行 366
仲良くなったご夫婦がビール工場のレストランでおごってくれた
ドイツ周遊旅行 368  ドイツ周遊旅行 370
新・旧宮殿                大聖堂
ドイツ周遊旅行 341  ドイツ周遊旅行 339





娘 帰る

11月4日(木)
少々お疲れ気味のnonna メニエルは相変わらずフラフラと・・・
以前のグルグルと地球が目まぐるしく回転するような発作は無い 嘔吐も無い
しかし強い首・肩こり目の疲れはしつこくある。
娘は今夜最終便で帰るという。
それでは・・・と いつも叔母からもらう味噌が途切れた時買いに走るJAにじの耳納の里へ(うきは市吉井の耳納連山の下)
いそ塩という塩分の少ない麦味噌 これがお好みのnonna。
丁度富有柿の前の松本柿が盛り 柿の産地のうきは市 山苞の道が大好きだった夫を偲んで久留米市善導寺から入り込んで柿を求めながら耳納の里まで出かけた。
娘の夫は大人になるまで外国暮らし その後は関東人。味噌は信州味噌か東北の辛口。九州の甘ったるい味噌・醤油なんか・・・!
娘は九州の味噌・醤油大好き 私の土産だと言って持たせるようにしている。
好物の山汐菜の漬物等々仕入れて相変わらずバックパックは満杯で夜の便で帰っていった。
寂しくなった。

お出かけ日和の毎日

11月3日(水)
娘が帰ってきていてnonnaは楽しい毎日を過ごしている。
11月1日はマリノアのアウトレットへ 帰りは二人で一寸高価な焼肉屋で夕食。
2日は大分県・九重の九酔渓(いわゆる昔から言われている「十三曲がり」
薄っすらと紅葉が始まってそれなりに目の保養が出来た。
ドイツ周遊旅行 013  ドイツ周遊旅行 014  ドイツ周遊旅行 015
飯田高原・長者原では蓼の原湿原散策(木道を歩いてきた) 雨が池越えの道を娘のキノコの説明を聞きながら写真を撮ってきた。ニガクリタケは本州で先日お店で多くの中に混ざって販売されて毒だと分かって回収された・・・と報道されたという曰くつき
ドイツ周遊旅行 019  ドイツ周遊旅行 021  ドイツ周遊旅行 022
                    チャナメツムタケ          ニガグリタケ
ドイツ周遊旅行 023  ドイツ周遊旅行 024  ドイツ周遊旅行 025
                      チャナメツムタケの開いたもの               
ドイツ周遊旅行 026  ドイツ周遊旅行 027  ドイツ周遊旅行 028
                     ツチグリタケ
ドイツ周遊旅行 029  ドイツ周遊旅行 030  ドイツ周遊旅行 031
ニガクリタケの群生         クリタケ(これは今日味噌汁にした)
ドイツ周遊旅行 032  ドイツ周遊旅行 033  ドイツ周遊旅行 034
ドイツ周遊旅行 035  ドイツ周遊旅行 036
食べられるもの 毒のある茸 色々名前も教えてくれたが毒キノコが多かった。
3日(文化の日) 今日はお天気も良しお日様もニコニコ 近所を散歩したが
大濠公園へ行こうという私の希望で 昼から決行。福岡城址を巡り大濠公園 池の周り・中ノ島を散策
1日でかなりの距離を歩いた。
娘が来るとnonnaは俄然張り切って元気になる。
ドイツ周遊旅行 037  ドイツ周遊旅行 040  ドイツ周遊旅行 041
ドイツ周遊旅行 039  若い人達が建物のガラスを鏡にして踊りの練習を懸命にしていた 頑張れ青春!











FC2カウンター

プロフィール

のんな

  • Author:のんな
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Clock

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

nonnaの小箱

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。