12
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
21
23
24
26
27
29
30
31
   

微笑みの国 ミャンマー

12月27日(月)
25・26日と年賀状つくりに没頭。
筆による文章を一人ひとり書いた。住所も手書きだ。
100枚では足りず追加した。
23・24日は家の内外の全部のガラス磨き 大きな車庫のシャッターも汚れ落としに水で洗い 拭き上げて部分部分にクレ557を吹きかける。
家具を少し移動させたり結構頑張った。
23?26日で力強く右腕を使う動作が多くて 今日私の右腕から肩にかけてが悲鳴を上げている。
大きなガラス戸・小さな格子になった各部屋のドアなど半端な数ではない・・・と私流の不平。
27日の今日は外回りと神棚・仏壇・台所を掃除し掃除機をかけて明日トイレや洗面所をきれいにして迎春準備は終わり!
29日から3年半ぶり娘のところへ行く。あれやこれやと知りあいの方などへ手土産など買い物が大変だ。
30日には嫁の実家にいる台北の孫とママと娘夫婦と一緒に食事することにしている。
パパ一人台北で頑張ってるのにゴメンネ!

12月9日
メッティーラのナガヨンパゴダ見学の後昼食をとり 午後はバスにてミャンマー土着宗教・ナツ信仰の聖地ポッパ山へ。
途中トイレ休憩がしたいが都合の良い町がなくて 割かしきれいなお店のトイレを借りることになったが
アラララ・・やっとまっすぐ立ってるような椰子の葉で葺いた狭い身動きの取れないような真っ暗なポッチャントイレ!
男性も女性も入れず外の木の陰で用を足された。娘と私は平気でトイレを使ったが驚かれた。
ポッパ山は777段の階段 途中多くのサルに遭遇しながらフーフーいいながら上った。
山頂にはパゴダがあり張子の人形のような像もあった。
眺めは広大な緑の平原がひろがっていた。
又777段を下りて バスにて第3の町バガンへ。
バガンのホテルは広大な敷地に素敵な4客室がキューブみたいになった各部屋広いデッキがついたのが点々と有る 何をするにも歩かなければならないロッジタイプのホテルでした。
夕食は和食。ここまできて何も和食など・・・と思うのは数名の人と私でした。
メッティーラのナガヨンパゴダですが もっと説明がありました。
戦時中 日本の兵士達は戦う道具も食べ物も無く激戦地区からの撤退で逃げる途中イギリス軍の空からの攻撃を避けて壊れかけたナガヨンパゴダへ逃げ込み ここは攻撃を免れ兵士達は助かったそうで 戦後日本からの援助で綺麗に修復されましたとさ。
慰霊碑 064  慰霊碑 068  慰霊碑 071
慰霊碑 072  慰霊碑 070




焦りのnonna

12月24日(金)クリスマスイブ
今夜はクリスマスイブ。 
一人で過ごすのも侘しいが だからといって回りは皆家族と過ごし 誘っても乗ってこない。
丁度いいことにお習字の最後の日 来年の干支の額に入れる字を書く。
小学生の女の子(プールの練習で遅くなりお習字のお稽古に夜見えてる)の親御さんからプリンの差し入れ
皆美味しくいただく。
いただいたから褒めるわけではないけれど 性格がとても可愛い4年生である。

今日は香○の仲良しさんの次女さんの2人目の子供誕生。
ちょっと早めに送り出された女の赤ちゃんである。
彼女いわく"来年1月が予定日でウサギ年で可愛と思ってたのに虎年の女の子よ 可愛く無いわね”
いえいえ今日はクリスマスイブ キラキラ輝いてイルミネーションもお祝い言ってるわよ!
しばらく彼女はおばあちゃん振りを発揮して 私が手伝わなければ・・・とぐずぐずしていた体調もシャキッ!
ホホホ・・ゴメンネ!
遊んでばかりいるので仕事がたまり 年賀状が書けていない。
nonnaは焦っています!明日の25日が締め切り。
明日は朝から机にしがみ付いて書き上げる努力をしよう

チーズベー 微笑みの国ー3

12月21日(火)

雨の一日
パソコンの先生が見えて リカバリーをして何だか分からなくなった部分を教わり年賀状を作る。
前回のドイツのデジカメの映像のDVD化3部作をこのところ頑張って教わってる。
ミャンマーもあるし しっかり覚えねば。
昼からは台北のママとチビが東京に帰ってきているのでケーキとプレゼントを買うように 大きくなって暖かい国にいるので冬物が無いだろうから仕入れるように送金。ドイツで買ってきた人形のハト時計も持って帰ってもらうように送った。おばあちゃんは大変だ!
夕方 旅行でご一緒した一人参加の方からミャンマー旅行の紀行文とDVDが送ってきて 特別なことはしてないが「ありがとう」と添えてありました。とっぜんで驚きました!
とても上手に編集してあり 私の旅行記はしなくていいかな?と思えました・・・が男性の目で捉えた映像なので遊びが無くて やはりカタイ!
12月9日
マンダレーのホテル泊の早朝暗いうち 希望者だけアマラブラの民家街に托鉢僧の姿を見に行きました。
信心深いミャンマーの人々はあちこちで早朝からご飯やおかずを炊き 僧を待つ姿がとても印象的で心が安らぎました。
慰霊碑 019  慰霊碑 021  慰霊碑 022
慰霊碑 023
ホテルに帰り食事をして少し休息。
午前中バスにて第二次世界大戦の激戦地メッティーラへ(私の県庁からもらった資料にはメイクティーラと書いてありました)
世界平和ナガヨンパゴダの見学。私と娘はこの近くで亡くなったであろう父親を思ってお線香を手向けました。
このパゴダは仏陀が屋外で瞑想をしていると雨が降り出し それを見ていたナーガ(コブラ)が仏陀の後ろで体を広げ仏陀に雨が当たらないようにしたという。ヨンは僧侶が衣をまとう動作のこと
慰霊碑 006  慰霊碑 007  慰霊碑 011
慰霊碑 012  慰霊碑 063
沢山の方の慰霊のご寄進が所狭しと書いてありました。  ナガヨンパゴダ
                                    後日に続く

チーズベー微笑みの国?2

12月19日(日)
今日は亡き夫の10年目の命日 
あの時は毎日病院へ通う道 両側の銀杏並木が遅くまで落葉せず黄色く彩ってた。
今年は すっかり落葉して冬模様だ。
菊の花が好きではなかった夫に ここ10年色んな花を工夫してきた。
今回もカスミ草・色々な色のガーベラ・葉物でまとめて生けた。
いい事には我が家のお墓の花筒は大きいのが片方である。
和の雰囲気ではないお墓に似合っていると思う。

12月8日
サガインヒルで慰霊塔にお参りして 昼食をとり午後マンダレーへ向かった。
シュエナンドー僧院・クドードパゴダを見学
夕日にあわせてマンダレーヒルへ イラワジ河に沈む夕日を楽しみました。
夕食後 ミャンマー伝統芸能人形劇を見に行きましたが皆疲れていて最初からコックリ・コックリ 私たちもホテルが近かったので人形が出る前にすぐに出てきてしまいました。ほかの皆さんはどうされたのかしら・・・
慰霊碑 050  慰霊碑 052
慰霊碑 053  慰霊碑 054
慰霊碑 058  慰霊碑 060  慰霊碑 061
慰霊碑 062 この夕日の景色にあるイラワジ河 これがイラワジ河激戦の川の一部

チーズベー 微笑みの国

12月16日(木)
12月7日?13日まで 軍事政権に長年自宅軟禁を強いられ最近解放されたア・ウン・サン・スーチーさんの国 ミャンマー(ビルマ)へ出かけてきた。
軍人の私の実父は太平洋戦争のインパール作戦でイラワジ河畔の会戦に参加 ミャンマー・マンダレーにて左胸に銃弾を受けて亡くなっている。
母は再婚し 私は一人実父の家督を継ぎ独立した戸籍を結婚するまで有していた。
養父は私を実の娘のようにほかの弟達と区別なく可愛がり・叱り・教育し私も我侭いっぱい甘えた。
私は養父が生きている間は実父の事を口にすまいと固く心に決めていたのだが 養父が亡くなり今年七回忌が過ぎた もういいだろう!とミャンマー行きを実行した。母は頑なに実父の事を隠すので言わずに出かけた。
先ず 県庁で「どうすべきか?」たずねた。先ずは父親の軍歴でいろんなことが分かる。
?親子関係がわかる又は死亡が分かる戸籍の附表 ?私の身分を証明する国民健康保険書・自動車免許書・パスポート等から1点 ?手数料(写しの作成費用) ?住所を書いて切手を貼った返信用封筒を揃えて軍歴資料交付申請をする。
?県福祉労働部保護・援護課・恩給係への申請なのだ。
これで実父が何処で・どのようにして・何時亡くなったか分かった。
色んな旅行社の中でミャンマー行きが催行されるパンフレットを取り寄せ 慰霊碑やお墓がある場所の近くへ観光に行くあまり動きのない旅行を調べ検討し 或るW航空サービス・九州支の7日間で3箇所(ヤンゴン・マンダレー・バガン)しか動かない 旅行好きには好まれないスケジュールのところへ申し込んだ。
娘も参加してくれ(息子は仕事が空けられず不参加)数箇所に有る慰霊碑・お墓にお参りする為日本酒・お茶・即席海苔巻きおにぎり・ようかん・お線香・ろうそく・を数か所分・数珠を持って行った。お花は現地調達。
福岡よりタイ航空にてバンコク→ヤンゴン1泊→マンダレー1泊→バガン2泊→ヤンゴン1泊→
バンコク経由→機中泊→帰国の日程であった。
本当はマンダレー2泊・ヤンゴン1泊の予定 が軍政府に突然予定飛行機の飛行が中止させられ 日程が狂ってしまった。                          後日に続く

ストレス解消の生活と溜まる生活。

12月5日(日)
ここのところ天神へ出る用事が多くなった。
昨日も10時から出掛けて一用事済ませて イムズにJTBの旅センターがあり 横に旅グッズのお店が併設されていたと思い行ったが それは随分前のこと夫が生きている頃。
JTB自体がなくなっていて何処か他の所に移転したか 統合されて無くなったかだろう。 
それでは・・・と地下商店街を覗きながらアクロス3階へ。
旅グッズのお店が2件あり パスポートセンターの横なので品揃えが豊富 目的の旅先でお湯でも水でも作れるおにぎりと散らし寿司・わかめご飯・他数種類。
おにぎりは私の為 他は相棒がご希望。香辛料の強い食事の国へ他の友人と出かけるようで 食べられない時のためだとか。
私は何でもOK。 今までも食事時私のお皿は彼女からのスパイス入りの食べ物の横滑りで満たされていた。
相変わらずイムズやアクロス・ソラリア・などをウロウロと見て回り帰ってきた。

先日の恐い話し
夜8時40分スポーツクラブへ出かける用意をしてると ピンポ?ン。
何だか背広姿だが顔が見えない人影がインターフォン越しに。
突然“奥さん家を売りませんか!”“売る気は有りません”“それなら投資になんたらかんたら・・・どうですか?”
ハハア? お出でなすった!“こんな夜にするお話しと違うでしょ・・・聞く気持ちは有りません。”と恐いので軟らかくお断りしました・・・が我が家一件で遠くに止めた車でいなくなりました。
毎日ランダムな時間ではあるがスポーツクラブへ出かけるので留守を確かめたのかもしれないなと じ?っとしてました。
以前にも強面の2人が この人たちは息子の家や家族の名前・娘の所まで調べていて 家を売れとしつこく何度も来て 私もこっそり望遠で写真を撮って応対し その旨言ってやったら来なくなりました。
来たかも知れませんが 私は次の日から旅行に出ましたので分かりません。
警察とセコムだけは報せて見回りをお願いしましたが・・・
毎夜車で家を出る時・帰ってくる時 家の周囲に停まっている車は無いか?少し離れた所に人影は無いか?2階から確かめて出かけるようにしているが 怪しく感じて家から出るのを止めた事が何度もある。
ストレスの溜まる生活だ。

 

8000歩のウインドウショッピング

12月2日(木)
補聴器店に午前中の予約が有り10時半ごろバスを利用して出かけた。
出かける時もしかしたら・・・と思い折りたたみの晴雨兼用の傘を持って出かけた。
福ビルの補聴器店から出てくる時は未だ雨が降っておらずIデパートまで地下街をウインドウショッピングしながら歩き 無印のお店を見て周り 新天○商店街の本屋さんに寄り旅行雑誌の立ち読み。
デパートでこの間お買い物券に変えていた6000円のポイントを足しにして孫の服でも買おうと思ったが 大きくなったそうでやはりママに相談してサイズを決めたほうが・・・と買わずに。
今度はMデパートに移動して靴売り場・バッグ売り場・家庭用品・雑貨売り場・地下食品売り場と物色。
何も買わず 今度はDデパートへ Mと同じように見て周りポロのお子様用ショップで台湾では着ない冬物衣料(コート・セーターシャツなど)を物色。サイズが分かり次第 パパとお揃いでセーター・シャツを買うことに決めた。さて地下食品売り場で今夜のお惣菜を仕入れ デパートまえのバス停へ・・・
オヤ 雨がひどく降っている!時間は5時過ぎ外は真っ暗・ネオンピカピカ。
傘を出したらビックリ なんと日傘を持ってきてしまった。同じ黒なので雨天兼用と思って持ってきたのにドジなnonna!
どちらにしても長雨傘 もう15年過ぎているので買い換えよう。そうだIデパートのお買い物券6000円これを足して買えばいい!またIデパートまで戻りブランド物だが突然の雨バーゲン品を購入。
丁度6000円だった。
またDデパート前のバス停まで戻りやっとバスに乗り帰館。万歩計を見たら8000歩くらい歩いていた。
帰りついてゴソゴソと雑用を片付け 買ってきたお惣菜と三陸海岸のめざしを焼いて夕食。
8時40分 スポーツクラブへ行こうと仕かけた時ピンポ?ン・・・・一寸恐い事になった。
この話しは長くなるので明日。

ドイツ旅行ー14続き・最終章

12月1日(水)
朝からいいお天気。 
廃品回収の日で すぐ前にあった回収場所が1区画先の端っこになり何かと不便。
今年最後なので出すものも多く 重たいものを両手に持って6?7回往復を?
いや、もう車に積んで1度で行っちゃえ!“廃品回収品ご一行様お車へどうぞ・・・”でした。
あまりにお日様のご機嫌がよかったので 大根・人参・生姜・かぼちゃ・リンゴなど薄切りにして幾つものザルに干したが2?3日かかりそうだ。
保存している羅臼昆布・椎茸をやはり干して乾燥させた。
冬場はお天気さえよければ絶好の干物作り時期だ。

9月23日(木)続き
フライブルグから115km バーデン・バーデンへ
ここはドイツの高級温泉保養地。大分の長湯温泉と姉妹都市だったと思う。
温泉・ローマ浴場跡・カラカラ・テルメ(天然の温泉が湧き出る緑の楽園の浴場)・トリンクルハレ(温泉水が飲める場所)・クアハウス(カジノやホールがある)など見学。
ここの温泉に入れたらいいな?と思いながら次のハイデルべルグへ。
ネッカー河畔の大学の町ハイデルべルグは丘の上のハイデルベルグ城・カール・テオドール橋・ハイデルベルグ大学と有名な学生牢(治外法権だった当時軽犯罪を犯した学生を閉じ込めていた牢)を見学。
とても素敵な風景で「ドイツ!」と思えました。
IMG_0868.jpg  IMG_0869.jpg  IMG_0874.jpg
IMG_0876.jpg
IMG_0901.jpg  IMG_0887.jpg  IMG_0890.jpg
IMG_0911.jpg  IMG_0912.jpg  IMG_0913.jpg
この後85kmバスで走ってフランクフルトへ。
いよいよ帰国の時 大韓航空で一路ソウルへ。
ソウルでは又福岡組は相棒と2人 仲良くなった東京組とサヨナラして1時間半しかない出発までアタフタと駆け込んだ。
成田便は6時間くらい待ち時間があったようだ。
ヤレヤレ日本に到着だ。大変々お疲れ様です!
やっと書き終わった!




ドイツ旅行ー14

11月30日(火)
夏の暑さでウオーキングの時間を減らしていたら 秋の食欲とのバランスがとれずnonnaのお顔は身体の体重に比例して成長 ○くなってきた。
オット?ヤバイ!
ここ2-3日は頑張って1時間?1時間半歩いている。
昨日は○池公園を歩いたが久しぶりにチビちゃんたちの野球の練習があってた。
ちいちゃくて4歳くらいかな?指導する大人も手取り足取り ユニホームも可愛いくて暫く眺めていた。
ドイツ周遊旅行 047  ドイツ周遊旅行 048
この頃新しく出来たスーパーのパン屋のカンパニュー(パン・ド・カンパニュー)とチーズとブルーベリーのフランスパンがお気に入り。
カンパニューはもう30年前10年近くの海外生活の時フランスパンかこれか 毎朝焼きたてを求めていた。
天○へ行くと時々買っていたが近くで買えるのは何より!

9月23日(木)
大学の町・フライブルグで朝を迎えたが ここは甥っ子が10年近く 留学生として大学・博士課程を過ごした所
朝8時出発だが(見学なし) 折角訪ねた町 甥っ子に“叔母ちゃん何を見てきたの”と聴かれることは分かりきってる。これは頑張って早起きして少し観光しなければ・・・
4時半起床 化粧して 荷物をまとめて鍵をかけて ドアのうちがわにおいて・・・
これからが大変 少し遠いが教会と市庁舎 新しい所に移転して使われてない大学の校舎
これだけを薄暗い中 走って・走って汗びっしょりになりながら見てきた。
いままでの教会と違って中々趣のあるいい教会だった。
内部はミサが始まりかけていたので見るだけで写真は遠慮した
市庁舎はもう時間がなくなって走りながら見たので写真はなし。
旧大学校舎は一部だけ見てきた。
ドイツ周遊旅行 543  ドイツ周遊旅行 548  ドイツ周遊旅行 545
ドイツ周遊旅行 544  ドイツ周遊旅行 552
これだけ見て又走って帰って7時に朝食を食べ 部屋に戻って自分達でスーツケースをバスのところまでもって行き 8時バーデン・バーデンへ向けて出発 フ?ッ!!


FC2カウンター

プロフィール

のんな

  • Author:のんな
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Clock

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

nonnaの小箱

ブログ内検索

RSSフィード

リンク