FC2ブログ
   
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
21
22
23
24
25
28
29
30
   

ホークス優勝す!

10月31日(金
パソコンの調子が悪くて先生のお宅へ預けてリカバリーしてもらった。
しかし・・・nonnaの技量ではなかなかスムーズにいいかなくて
何度も何度も「SOS」のかけてどうにか画面が出るようになった。
昨日の「ホークス」の優勝は良かったが なんとなく尻切れトンボ感があり
「フム? 勝ったんだぁ~}とすっきりしなかった。
でもまあ今季限りの秋山監督をホームで胴上げ出来てよかった・よかった!

10月7日
今日も志賀高原へ出かけて行った。
いつものハス池は未だ少しの紅葉で 奥の方まで行けそうなので
歩いてみた“あらまあ!”奥のほうに緑とトルコブルーの少しくすんだ色の
きれいなとっておきの沼が出て来た。
IMG_1438.jpg  IMG_1424.jpg
蓮池は名前の通りハスが茂っており紅葉してかわいいのでパチリ
この沼も近くで見るとところどころきれいな色に
丸池の紅葉  池の紅葉蓮
だけかんばも白樺も黄葉していてもう少しするとカラマツが渋い黄葉をしてきれいだろうな。
九州と樹木が違うのでとても魅力がある。
だけかんば
志賀から2076mの笠岳を超えて高山村の山田牧場・奥山田温泉・七味温泉
五色温泉・松川渓谷・蕨温泉・子安温泉を経て高山村の集落・小布施の町へ
この日は明水曜日休診の病院へ注射へ
そして 栗で有名な小布施の町は今の時期は観光客であふれてる
我々も栗昼食の食べ比べしている あちこち名の通ったお店を巡っている。
今日は桜井甘精堂泉石亭にて「栗わっぱ御膳」を食した
小布施堂に対して少し泥臭いがとてもおいしかった。
IMG_1462.jpg
そして栗モンブランの有名なお店へ 行列ができている。
最後の数少ないのを3個。
クーラーボックスへ入れて 「スーパーつるや」でいろいろお買いもの。
それから婿の住んでるところへ。
彼は一人でいるが 冷蔵庫の中には結構作った食料が入っていた。
娘が作り置きしたものもあるが 自分で調理したものもある。
つまんでみたが冷たいので味は落ちるがおいしい味付けだった。
こういう切り替え人生をする人は 何でも自分でできる人だ。
本人は会議で新潟に行ってていなかったが きれいに掃除して 
食事して 栗モンブランをいただいて(1個残して)夜9時ごろ宿へ。
帰りは山越えをせず 下の町の中を30分弱くらいで着いた。
宿のいいところは適当にほったらかしで24時間温泉に入れること。
あまりいろいろな制限がない。皆さんの心に任せっぱなし。
バイクツーリングの若い男性も結構多いがみな立派
台所やお風呂の後始末きれいであるし
心地よく話をされる。全国からのリピーターが多い。

長野の旅ー5

a_ilst129.gifnewimage1.gif
a_ilst165.gif
10月27日(月)
昨日の続きだが
子供がいない娘夫婦 娘は東京で仕事をしながら、
婿は信州で自分のためのワイン作りー実がとれるまで5年かかるそうな
出来がよければ大きな会社がいろんなところに買い取りににきているようだ。
「取らぬ狸の皮算用」で終わらないようにしてほしいものだ。
村役場のほうも結構忙しそう それをのんびりにしか見えない行動で
パキパキとこなしている
nonnaは彼の性格からして あまり心配はしていない。
今回はその家が基点にあるので宿で足りないものは調達に。
洗濯も干すのも また作った料理を婿に届けるのも出来る。
数回一緒に食事をした。
幸せの行方はその人たちの考え方次第だと思う。
人形顔動画
なぜこんな事を書いたかというと チョコチョコ出入りをし
これからこれを書かないと空白の時間が出来てしまう。
信州の旅には不可欠な存在になっていくと思う。

長野の旅-4

a_ilst129.gifnewimage1.gif
a_ilst165.gif
10月26日(日)
細々とブログを書いている。
おおっぴらではないが頼まれごとが多くてゴソゴソと動いている。
これがやり手の方だったら何事もなく されるのだろうが
nonnaはもたもたと事をなしてるので時間が足りない。
夜になると今までのように夜中まで・・・とは行かず
スポーツクラブから23時半帰ってきたらもう寝る準備に入る
アレレ・・・?下書きにしたのに公開になってる~
親戚からがあったので急いだのかもしれない・・・
10月6日
長野の生活
相変わらず朝風呂に入り ゆっくり朝食をして小○施の医院まで注射に。
半年振りでとてもいい先生にお会い出来 お話もさせていただいた。
どうも牧師さんの先生のような気がする。
とても気が休まる・・・信者ではないが。
和菓子の美味しいこの町の方々にカステラは?と思うが
気は心  お土産を。

nonnaが何故長野に行くのか?
娘婿が長年の夢であった自分のワインつくりをするのに会社を退職。
娘と年が離れているのでこれ以上年をとるともうチャンスがない
長年 休日は師匠の手伝いに長野まででかけていた。
そして土地軽トラを購入 工作道具は農協で借りれる
土地は少しずつ大きくしていく予定だそうな。
そうしているうちに○○村役場からオファーがきて若い人を入れて(?)
マンネリ化している町役場で働いてほしいと
家が与えられ家電も全部 とてもきれいな住みやすい家だ
周囲には温泉がいっぱい
果物にする葡萄は手がいるが ワイン用はそう手がいらない
今のところお給料も出て保障もあって二股やっていけるのである。
娘が長野の住人になればもっと広いところに住めるのだが
nonnaは働いている人のところで遊びでのんびりしているわけにもいかず
近く・・・といっても20分強かかるところに泊まるのである。
娘は毎週 いえ婿も仕事で東京へ来ることもあるのでいったりきたり。
今二人して村に溶け込みかけている。

長野の旅ー3

a_ilst129.gifnewimage1.gif
a_ilst165.gif
10月20日(月)
今日は新しいパソコンのやり方を習った
信州が新州になってしまったが やり直しがなかなかである
一字だけ直すわけにはいかない。習いに行くまでこのままで・・・
、今年新しく出来て入居された家
毎月のように どこかしこ手を入れられている
今も塀を取り外して何かされて また木組みの塀を戻してある。
見た目は何も変わっていない
外から中が見えるので 工事されてるかと思ったがそうではないらしい
新しいうちは気に入るように、家を建てたんだ~と満足感を得たいのだろう。
誰でもそう感じるのである。nonnaも然りであった。
お天気のいい限り ご主人は上半身裸で屋根の上長いベランダの手すり
所狭しとありとあらゆる布団類・マット・絨毯・洋服・タオルと一軒だけ 干してある。
二人住まいに・・・
まるで田舎の畑の中の一軒家状態。
静かな住宅街が何だろう。
見たくないと思うが四方八方から丸見えだ。
10月5日
朝風呂して朝食 ゆっくりとたっぷり(トマト・手作りピクルス・サワークラウト
昨日のかぼちゃのスープ「ひょうたん型のかぼちゃ」りんごとネクタリン
そして美味しいパン・ド・カンパーニュウ・ジャム・蜂蜜・ハムにチーズ
11時ごろから志賀高原へ白樺・だけかんば・唐松の黄葉を見に
そして高山村松川渓谷の「子安の湯」へ 秘湯である
日曜日はなるべく動かないように  関東一円からの人混みがすごい
山田牧場やらでブラブラとキノコ探し早めに帰ってきた

今ド~ンとすごい音がした16時半過ぎである
事故だ!  家から見ると点滅信号の四つ角で保冷車のようなのと
軽自動車が・・・
物見高いnonna  ちょっと偵察へ 
お肉やへの配達中の鳥○の小型トラックと若いレースヒラヒラのスカートの
お嬢さん二人軽乗用車。
点滅信号でどちらもゆっくりでなかったようで
幸いにもトラックの人が若いお兄さんだったので避け上手
軽はタイヤパンクと助手駅の窓が少し壊れていた。
トラッツクは電柱にぶつかりそのまま住宅の塀に激突
トラックは・・・前がメチャメチャ お兄さんは元気
軽の助手席の女性は手を切ったようで出血
茫然自失で受け答えが出来なかった。
写真はまた出来なくなった。

10月19日(日)
ぴりぴりと肌が痛いような秋の日差し
乾燥と強い日差しで お洗濯物はここ数日山のよう。
長野から帰ってきてとても忙しい日々を送っていた。
もう夜はTVも見ず・・・
やっと元の生活に戻れそう。
どこまで長野を書いたやら・・・
10月4日
自家栽培の野菜やブルーベリーのジャム・りんごのジャム
友人が作ったチーズなど美味しい朝食を済まし
来年「姨捨観月祭」に一緒に行く約束をして早々に別れた。
姨捨山の棚田に1年に1度水を張って棚田に映る月を
愛でる祭り・・・・どこかで体験したしたよなぁ~
中国雲南省元陽だ! とても大変な旅だった。
あれほど大きくはないだろうが見たことがない人は
感激するだろうな。
宿までは2時間強くらい  パンがとても美味しかったので
諏訪湖のところまで後戻りして購入。
ここは栄えている別荘地 若い人のお店やら 
やたらとかわいいお店がある 湯布院のようなものだ。
高速を下りて途中お店をあっち見こっち見して
贔屓の果樹園でりんごとネクタリンを5件すぐ送ってもらい
15日に我が家着で大量に送ってもらった。
nonnaのいく長野は北寄りでフルーツ街道といわれている。
果樹園ばかりでいろんな果実が其の時期々に取れる。
小布施の大きなスーパーでこまごま買い物をして宿へ。
宿のご夫婦に福○屋のカステラをお土産に。
夕食は長野名産?お焼きと(ご飯の代わり)
東京からクーラーボックスで持ってきたチキンの丸蒸し
切り分けてバンバンジー風・サラダ・かぼちやのスープ・お漬物
温泉に入ってほっ

紅葉の信州路-1

10月14日(月)台風
10月2日から11日まで出かけていた。
台風19号で飛行機が飛ばなくなると大変・・・と
今回は長逗留を決め込んでいたが切り上げて帰ってきた。
2日の夕刻羽田へ飛んで 浜松町まで娘が迎えに来てくれ
今回は途中下車もあるし 孫の大好きな「焼き海苔」
自炊のお米や茅○○のおだし等々・数件のお土産の福○屋のカステラ等
季節柄寒い時の衣類・薄物とトレッキング用衣類、靴と杖など
海外旅行15日間でも行くようなスーツケースに持って行った。
3日の朝5時出発で高井戸から中央自動車道に乗り
相変わらずダンボールの箱に必要な生活用品やオリーブオイル
大型クーラーボックスに調味料や昼食用のパンに使うハムやチーズ・ゆで卵
自家製ジャム・切ったきゅうり・トマト・サラダ菜・コーヒーなどいっぱいつめて
途中のサービスエリアで眺めのよい外のテーブルでのんびりとブランチ
途中富士山もみえたがまだ朝霞で冠雪もなく きれいな姿はもっと寒くならないと・・・
今日は途中下車で茅野市にある白樺湖の別荘にいる父方の従姉夫婦を訪ねる。
「いつも素通りをする」とお小言を言われていたので今回は訪ねた。
先に八千穂高原の白駒湖一周を歩いて・・・紅葉が早くてとてもきれいだった。
その後自然歩道を歩き
夕刻頼まれた美味しいパン類を買って白樺湖から少し登った白樺の樹に囲まれた
若いときに好きなように建てた別荘へお邪魔した。
もうすぐ下界へ降りるといっていた。
室内には外国製のしゃれた大きな薪ストーブが燃えていた。
その夜は深夜までにぎやかに話が続いた。
写真は出さないでほしいとの従姉婿の希望で
後ほど家の中から外を向けて撮ったのを載せるが 
相変わらず操作に慣れず四苦八苦している。
なんと覚えが悪いnonna!

FC2カウンター

プロフィール

のんな

  • Author:のんな
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Clock

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

nonnaの小箱

ブログ内検索

RSSフィード

リンク